• ホーム
  • 美容・健康
  • ミネラルウォーターの色々~体の中からキレイになろう!この夏は水分にこだわる

ミネラルウォーターの色々~体の中からキレイになろう!この夏は水分にこだわる

ミネラルウォーターの色々~体の中からキレイになろう!この夏は水分にこだわる

2021.06.27 16:10
2021.07.04 18:34
美容・健康
熱中症ミネラルウォーター

体の水分、足りていますか?お酒やジュースばかり飲んでいませんか?

人間の体内は半分以上を水分が占めていて、不足すると血栓ができやすくなったり、熱中症・脱水症状を起こしたりと、さまざまな悪影響が現れます。とくに夏は十分な水分補給が大切。とはいえ、清涼飲料水などを飲み過ぎるとカロリーや糖分過多の原因に…。

良質な水分をしっかり補うことが、健康や美容に大きく関わってくるのです。

蛇口をひねれば「飲める水」が手に入る豊かな水の国、日本。

みなさんは「水」をどのように使っていますか?浄水器を付けている方、水道水を沸かしている方、料理は水道水で飲み水はミネラルウォーターで・・・など、さまざまでしょう。

日本では水道の蛇口をひねれば「安全な飲める水」が出てきます。地域によって水源が違うので、当然、味やニオイにも差は出ますが「おいしくない」といわれる都会の水道水でも、沸かしたりレモンやハーブを加えたりすれば、消毒用塩素のニオイを弱めることもできます。

日本の水道水は軟水が主流。クセがなく素材の旨味を引き出してくれるので、お茶を淹れたり日本料理を作ったりするのに適しています。

種類の豊富なミネラルウォーター。その違いを知っていますか。

ミネラルウォーター

最近はミネラルウォーターの種類や消費量も急増しています。とはいえ、安全で安価な水道水から完全に移行することはないでしょうし、「上手に使い分ける」ことがポイントといえそうです。そのためには市販される水の種類を知ることも大切。

たとえば一般に「ミネラルウォーター」と呼ばれる水も、農林水産省によって細かく定義されています。ただ、実際の基準はまだ曖昧で、呼び方は業者によっても異なるようです。

ナチュラルウォーター
特定の水源から採取された地下水で、ろ過、沈殿、または加熱殺菌処理だけをした水
ナチュラルミネラルウォーター
特定水源より採取された地下水(ナチュラルウォーター)のうち、地層中の無機塩(ミネラル)類が溶解したもの。鉱水・鉱泉水等、天然のCO2が溶けて発泡性のある地下水を含む
ミネラルウォーター
原水はナチュラルウォーターと同じだが、複数の原水をブレンドしたり、ミネラル分の調整や臭気の除去などを行ったりした水
ボトルドウォーターまたは飲用水
飲用に適した水。純水、蒸留水、河川の表流水、水道水など

軟水・硬水それぞれの良さを活かして水を使い分ける

ミネラルウォーター大国として有名なのがフランス。

普段飲む水、食事に添える水、スポーツ時の水、赤ちゃんにあげる水などTPOに合わせて選ぶのが日常的で「水は健康に直結している」という認識が強いといいます。

その分、EUの基準や規制は非常に厳しく、安心して飲める水といえるでしょう。

日本でもヨーロッパの水は人気ですが「日本の軟水のほうがおいしい」と感じる方も少なくないようです。

硬水であれ軟水であれ、好みや用途に合わせて良質な水分を摂りたいものです。

水の硬度は、含有されるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したもの。数値の高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。つまり、硬水にはミネラルが豊富なわけですが、味も文字通り「かたい」感じがします。硬度は料理にも影響するので、ご飯を炊いたり和風のだしを取ったりするには軟水がおすすめ。一方、スポーツ後のミネラル補給や便秘改善などには硬水を飲むなど、用途に合わせて使い分けるのもいいかもしれません。

どのくらいの量を、どんな風に摂取するのが効果的?

食べ物から摂取する水分などは別として、飲料として1日に摂るべき水分は約800~1300mlといわれています。

汗をかく夏場はそれだけ必要量もアップ。一度に飲んでも意味がないので、200ml程度を数回に分けて摂りましょう。

食事の際に飲むほか、目覚めたとき、仕事の合間、入浴前後、寝る前など、こまめな摂取を心がけて。とくに寝起きは水分が失われているので、目覚めたらまず水分補給を。

朝、コップ1杯の水かお茶──この習慣は便通にもよさそうです。

清涼飲料水の飲み過ぎに注意
清涼飲料水とは「乳酸菌飲料、乳及び乳製品を除く、酒精分1容量パーセント未満を含有する飲料」のことで、炭酸や果汁、濃縮ジュース、コーヒー飲料、茶系飲料、スポーツドリンク、ニアウォーターなどが相当します。清涼という言葉のせいか「体によさそう」という印象を持つかもしれませんが、糖分を多く含むものも少なくありません。糖分は菓子類や料理からも摂っているのですから、糖分の多い飲料を水代わりに飲むのは考え物。普段飲むなら、やはり水かお茶がおすすめです。

関連記事
毎日飲む水で、体に必要なミネラルを補いましょう
脱水症状になりやすいのは小児と高齢者。早期発見と予防法
【神立の水】毎日の水分補給には、おいしくて健康・美容にもいい天然温泉水

関連記事