調理ラクラク!海老&サーモンのタルタル~材料とレシピ

調理ラクラク!海老&サーモンのタルタル~材料とレシピ

2020.11.12 19:43
2020.11.12 19:45
フード・ドリンク
タルタル料理レシピ

コロナ禍の今年は、クリスマスや年末年始もご家族で「おうちパーティ」を楽しむ方が多いのではないでしょうか。
せっかくなのでちょっと華やかな(でも、つくるのは簡単な!)前菜を用意してみませんか?

ご紹介するのは 海老とサーモンのタルタルです。

「タルタル」というと、本来は生の馬肉や牛肉を細かく刻んで味付けした肉料理です。
一説では、モンゴルの遊牧民をさす「タタール」が語源だといわれています。

調理法は「生」なのですが、馬肉は入手するのが少々ハードル高めですし、牛肉の場合は殺菌のために表面だけは焼く必要があります。

今回ご紹介するのは、海老とサーモン。
「牛肉のかわり/代替品」ということではなく、純粋においしいので、ぜひつくってみていただきたい一品です!

まずは海老のタルタルからご紹介。

わが家では安価な「バナメイ海老」をよく買っていますが、輸入物のバナメイ海老は生食には適さないといわれています。
かといって国産の海老は値段が高め......。
なので、生でいただくタルタルの場合、おすすめは輸入物なのに 生食OKの「アルゼンチン赤海老」です。

スーパーでも見かけますし、オンラインでも購入できるのでぜひお試しあれ。

材料は、アルゼンチン赤海老(5尾くらい)、オリーブオイル、ディル(ドライのディルでもOKですが、生のほうが香りは豊かです!)、塩、黒こしょう、レモン。

つくり方

  1. 必要に応じて、海老の下処理をする(殻をむき、背わたをとって片栗粉をもみこみ、白ワインか水で軽く洗ってペーパータオルで水気をしっかり取る)
  2. 下処理を終えた海老を包丁でざっくり刻む
  3. 刻んだディル、オリーブオイル、塩・黒こしょうを加えてねっとりするまで混ぜ合わせる(塩は小さじ1/2ぐらいから入れ、味見をしつつ調整)
  4. 仕上げにレモンを絞りかけ、ディルを飾る

お皿にそのまま盛っても、クラッカーにのせて提供してもOKです。

サーモンは下処理が不要なのでもっと簡単!

用意するのは「 アトランティックサーモン」。
ノルウェー産などをスーパーで購入しましょう。
スモークサーモンだとクセが出やすいので、普通の生食用がおすすめです。

そのほかの材料は海老と同じですが、レモンは加えなくてもOKです。お好みでどうぞ。

ささっとつくって冷蔵庫に入れておけばいいので、「まずは乾杯!」のときの前菜としてとっても便利。

スパークリングとの相性もいいので、パーティ向けですね!

家族や友人との時間をゆっくり楽しみたいおうち時間。
おいしい前菜を用意して、素敵な時間をお過ごしください。

関連記事