冬の大敵…窓やサッシの効果的な結露対策

冬の大敵…窓やサッシの効果的な結露対策

今年も木枯らし吹く季節がやってきました。日1日と寒くなるなか、快適に過ごすためにお部屋の暖房は欠かせません。しかし、その一方で気になるのが窓やサッシの結露です。

結露の原因になるのは、室内温度と外気温の差

結露

暖房で暖められた空気は水蒸気を多く含んでいます。この暖かい空気が外気に接する窓ガラスなどに触れて一気に冷やされ、水蒸気の状態を保てなくなり水となって窓に付着する。これが結露のできる仕組みです。

この結露、ただの水分と侮ってはいけません。高温多湿な室内で放置したままにしておくとカビの温床に。気がつくと、窓ガラスに接するカーテンやサッシに接する壁紙が、カビで黒ずんでしまっているということも少なくないのです。

また、結露の生じる高温多湿な環境はダニにとって絶好の生息条件。こうしたカビやダニがアレルギーの原因になることも。結露を防ぐことは、冬を健康的に過ごすための必須条件と言ってよいでしょう。

結露

結露を元から断つ方法は、

  1. 換気
  2. 除湿
  3. 断熱

1.の換気について、入浴中や料理中の適度な換気は必須ですが、リビングなどの温まった空気を結露対策のために逃がしてしまうのは惜しいもの。

2.の除湿も行き過ぎると、乾燥により喉や鼻粘膜を傷めることも。3.の断熱は暖かい空気を逃さず結露を防ぐ一番の方法ですが、二重窓や断熱窓にするには大掛かりなリフォームが必要なので、すぐに! というわけにはいきません。かといって、断熱シートやダンボールを窓に貼るのも見栄えの悪さが気になります。

中性洗剤を使った結露対策

すぐできる一番の解決策は、結露したらこまめに水滴を拭き取ること。しかし、これも面倒といえば面倒......。

そこでオススメしたいのが、中性洗剤を使った結露対策です。

必要なものは、食器用洗剤などの中性洗剤、タオル、水のみ。まずは食器用洗剤の希釈液をつくります。カップ1.5杯の水に、大さじ1杯ほどの洗剤を入れて混ぜ合わせます。

この希釈液を含ませて軽く絞ったタオルを用意します。ポイントはタオルを絞りすぎないこと。希釈液を窓に塗布するつもりで、水分を残します。

あらかじめ汚れを拭き取っておいた窓に、タオルで希釈液を塗布します。手順はこれだけ。

なお、希釈液は濃すぎないように注意しましょう。濃すぎると窓が曇る原因になりますし、べたついて却ってホコリなどの汚れがつきやすくなります。また、窓だけでなくサッシなどの金属部分も忘れずに。

なぜ、中性洗剤が結露を防ぐのか? それは中性洗剤に、水の表面張力を弱くする働きがあるため。この力のおかげで、冷やされた水蒸気は大きな水滴に成長せず、蒸発乾燥しやすい薄い水の膜になるというわけです。

ただし、小さな子どもやペットのいるご家庭は要注意。手の届く範囲には中性洗剤希釈液の塗布は避けて、その部分だけはこまめに水滴の拭き取りを。

なお、中性洗剤の効果は5日~1週間は持続します。水滴ができるようになってきたら、再び希釈液で窓を拭きましょう。これで煩わしい結露ともサヨナラ。快適な冬を過ごしましょう。

関連記事
湿気を防いで快適に過ごす…住まいのカビ対策
ガンコなカビを手軽に簡単にしっかり落とす方法
意外と知らないリフォームの減税・補助・助成制度
2019.11.28 19:01
住い・生活

Related video:結露対策

Related entry

Pickup entry