安心・便利でお得なキャッシュレス決済備忘録

安心・便利でお得なキャッシュレス決済備忘録

2019年10月1日の消費税増税とともにスタートし、2020年6月まで行われるキャッシュレス・ポイント還元制度。対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると2%もしくは5%の還元を受けられることに加え、各サービス独自のポイント制度やキャンペーンなどもあり、2%の増税分を上回る還元を受けられるケースも出てきています。

しかし、

  • どのキャッシュレス決済サービスを選べばいいのかわからない
  • 設定が難しそう、面倒
  • 現金のほうが管理しやすい、現金のほうが安心
  • お金の感覚が麻痺しそう

など、キャッシュレスの利用に不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、これからキャッシュレス決済、スマホ決済をやってみようという方に向けて、選び方や利用法などをご紹介します。

キャッシュレス決済の基本

キャッシュレス決済(=現金以外で支払いをすること)には、さまざまな種類があります。クレジットカードや交通系のSuica、PASMOなどのカード決済は多くの方が使っていますが、スマホ決済を活用している方はまだまだ少ないのが現状です。

「機械に弱くて使いこなせない」「悪用されたら困る」「スマートフォンをなくしたときに困る」など、使う自信がないという方も多いでしょう。

スマホ決済はセキュリティ対策が施されているので悪用されるリスクは低いですが、利用する際は、

  • 公式アプリストア(Google PlayやApp Store)からアプリを入手する
  • セキュリティアプリを入れておく
  • スマートフォン端末と決済アプリにパスワードや生体認証の設定(セキュリティ設定)をしてロックする
  • 支払い方法や利用限度額など決済の流れを知っておく
  • 不正利用された際はすぐにサービス会社やクレジットカード会社、金融機関に連絡する

といったことを行うとより安全に使えます。

キャッシュレス決済の種類

カード決済
クレジットカード(後払い)
デビットカード(即時払い)
プリペイカード(前払い)
電子マネー(ICカード/スマホ)
交通系(SUica、PASMOなど)
流通系(WAON、nanaco、楽天Edyなど)
ID、QUICPay、Apple Pay、Google Payなど
コード決済(QRコード・バーコード/スマホ)
PayPay、楽天ペイ、LINEPay、メルペイ、Origami Pay、d払い、auPAY、ゆうちょPay、はまPay、FamiPayなど

アプリをダウンロードしたら、電話番号やパスワードなどを入力し、チャージに利用する銀行口座やクレジットカード情報を登録すると、すぐに使える状態になります。それぞれのサービスによって還元率が高くなるクレジットカードもあり、サービスを選ぶ際のひとつのポイントになります。

スマホ決済の大きなメリットは、財布要らずで支払いがスムーズにできること。店にあるQRコードを読み取る、バーコードを見せて読み取ってもらう、スマートフォンを端末にかざすだけなど、いずれも簡単です。

スマホ決済の大きなメリットは、財布要らずで支払いがスムーズにできること。店にあるQRコードを読み取る、バーコードを見せて読み取ってもらう、スマートフォンを端末にかざすだけなど、いずれも簡単です。

PayPay

PayPay

「PayPay」は、「最大20%還元」など還元率の高いキャンペーンが多いのが特徴。PayPay加盟店(実店舗)で、銀行口座やクレジットカードなどからチャージしたPayPay残高、もしくはヤフーカードで支払うと1.5%還元されます。アプリに登録したヤフーカードからPayPay残高にチャージする際にはさらに1%還元(Tポイント)されるので、ヤフーカード→PayPay残高にチャージ→PayPay支払いで実質2.5%還元となります。

また、PayPay株式会社は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資により設立されたので、ソフトバンクとワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員の還元ポイントが優遇されるなどのメリットがあります。

楽天ペイ

楽天ペイ

続いて「楽天ペイ」は、楽天市場をはじめ楽天サービスで貯まる楽天スーパーポイントと連動している点が特徴です。期間限定ポイントを含め、貯まったポイントは楽天ペイでの支払いに使うことができるので無駄がありません。楽天ユーザーには特におすすめです。

常は還元率0.5%ですが、2019年12月2日まで実施中のキャンペーン第1弾にエントリーすると、楽天ペイ加盟店(実店舗)の全店舗で実質5%還元となり、楽天ペイアプリに登録した楽天カードで支払うと実質6%還元。第二弾も開催予定なので、お得な期間がしばらく続きそうです。

LINE Pay

最後は「LINE Pay」です。LINEユーザーであれば、LINE内の「ウォレット」から簡単に始められます。実店舗で利用する際、クレジットカードからのチャージはできず、銀行口座からスマートフォンにチャージするか、コンビニのATMやレジで現金をスマートフォンやLINE Payカードチャージするなどの方法で利用します。

LINE Payには「マイカラープログラム」というポイント還元制度があり、前月の使用額に応じて0.5%~2%まで段階的に還元率がアップしていきます。さらに、支払い額の10~20%が還元されるキャンペーンや割引クーポンなども随時開催しています。

また、LINEの友達同士で送金や「割り勘機能」を使えるのも便利なポイントといえます。

  PayPay 楽天ペイ LINE Pay
支払方法 PayPay残高
クレジットカード
LINE Pay
QUICPay
LINE Payカード(プリペイド)
クレジットカード(オンライン決済)
楽天キャッシュ
クレジットカード
チャージ方法 銀行口座
ヤフーカード
セブン銀行ATM
銀行口座
セブン銀行ATM
ファミリーマート
ローソンのレジ
楽天銀行
楽天カード
ポイント還元率 PayPay残高もしくはヤフーカード利用で支払額の1.5%付与(PayPay加盟店・実店舗) 毎月の利用実績で変わるLINE Pay「マイから―」によって0.5~2%還元 200円の利用で1ポイント(0.5%)2019.10.1~12/2に実施中のキャンペーンにエントリーすると5%還元(楽天ペイ加盟店・実店舗)
特徴 大規模なキャンペーンが多い。ソフトバンク・ワイモバイルユーザー、ヤフープレミアム会員はさらにお得に。 LINEアプリ内から登録・使用できる。LINEユーザー同士で送金することや割り勘ができる。 他の楽天サービスで貯めた楽天スーパーポイントをスマホ決済で使える。

2019.11.01現在

ご紹介したスマホ決済は、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店、家電量販店、ネットショッピングなど、利用できる店舗が続々増えています。スマートフォン内でチャージができるので、銀行にお金を下ろしに行く手間や手数料もぐんと減ります。

「お金の感覚が麻痺しそう」「管理が難しそう」という不安のある方は、使用するアプリの数を1つか2つに絞り、1ヶ月にチャージする額を決めることや使用履歴を定期的にチェックすることで、無駄遣いを防ぐことができます。

ポイント還元率の高さやキャンペーンのお得度も大切ですが、それだけにとらわれていると無駄使いをしてしまう可能性があります。普段利用している店での支払いをキャッシュレスに変えてみるだけで少しお得になる、というところから始めてみましょう。

関連記事
お金が貯まる!買い物するときの考え方・方法
外貨預金、株、投資信託…リスクの低い投資で賢い資産運用を
ほったらかしでも、お金が貯まる仕組みをつくる方法
2019.11.14 15:52
お得・節約デジ活・便利ツール

Related video:キャッシュレス決済

Related entry

Pickup entry