ほったらかしでも、お金が貯まる仕組みをつくる方法

ほったらかしでも、お金が貯まる仕組みをつくる方法

「毎日安売りをチェックしている」「ポイントアップデーにまとめ買いをしている」「家計簿をつけてやりくりを考えている」など、がんばって節約している方は多いはず。しかし、「時間や労力の割に、あまり貯金ができない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな皆さんに今回ご紹介するのは、「お金が貯まる仕組みをつくる」こと。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに、具体的な方法を教えていただきました。

仕組みづくりの第一歩は、「自分のお金の使い方や流れを知る」ことです。家計簿にすべての支出を記している方もいると思いますが、記録することに時間や労力をかけずにお金の出入りを把握する方法があります。

「通帳の過去6ヶ月分からお金の流れのパターンがわかります。給与の振り込み、ローン返済、クレジットカードの引き落としなどを眺めていると、1ヶ月のお金の出入りが見えてきて、貯金できる額も見えてきます。同時に、クレジットカードの明細も眺めてみましょう。保険料や通信費、光熱費、買い物に使ったお金、無駄な買い物はどれかなどを把握でき、家計簿の代用になります」

銀行口座の見直し

次にご紹介するのは、具体的な仕組みづくりその①「銀行口座の見直し」です。生活費用と貯蓄用で口座を分けると、管理がしやすくなります。

「生活費用の口座には、給与の振り込みや各種引き落としをまとめます。生活費や振り込みなど頻繁に入出金するので、近くに店舗やATMがあることや、引き出し・振り込みの手数料が安いかどうかが重要です。手数料が無料または安くなる条件は銀行ごとに違うので、自分が使っている銀行の確認をしましょう」

貯蓄用の口座は、金利が高く手数料が安い銀行を選ぶのがポイントです。

「メガバンクの普通預金の金利は0.001%程度なので、100万円預けても利息は年間10円です。一方イオン銀行や楽天銀行は条件を満たすと0.1%などになるので、100万円で利息は年間1000円。ネット銀行のほうが金利は高めです。手数料は、コンビニや提携金融機関でのATM手数料、他行宛ての振り込み手数料に差があるので、注意して選びましょう。また、給与振り込み口座から貯蓄用の他行の口座へ、毎月一定額を手数料無料で自動入金できる『定額自動入金』を利用すれば、簡単に先取り貯金ができます」

銀行名 普通預金金利 定期自動入金 条件・ポイント等
イオン銀行 条件を満たすと
0.1%
1万円以上
1,000円単位
クレジットカード「イオンカードセレクト」の保有、インターネットバンキングに登録などの条件を満たすと、普通預金金利が定期預金並みの0.1%に。イオン銀行ATMなら、24時間365日手数料無料。
楽天銀行 条件を満たすと
0.1%
なし 楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」の利用で、普通預金金利が0.02%→0.1%にアップ。振込などの取引で楽天スーパーポイントも貯まる。
GMO
あおぞらネット銀行
条件を満たすと
0.11%
なし GMOあおぞらネット銀行とGMOクリック証券の口座連携サービス「証券コネクト口座」の利用で、普通預金金利が0.001%→0.11%にアップ。
住信SBI
ネット銀行
条件を満たすと
0.01%
1万円以上
1,000円単位
SBI証券と連動する「SBIハイブリッド預金」の利用で、普通預金金利が0.001%→0.01%にアップ。ランクに応じて他行への振り込みが最大15回まで手数料無料。
2019.2.8

クレジットカードの見直し

続いては、仕組みづくりその②「クレジットカードの見直し」です。クレジットカードを利用すると、使った金額の数%がポイント還元されますが、複数のカードを持っているとポイントが貯まらず使えないこともあり、引き落とし日がバラバラで管理もしにくくなります。そこで、使うカードを1~2枚に厳選、選ぶ条件は「年会費が無料、どこで使っても還元率1%以上」です。

「使いやすく、この条件に当てはまる王道のカードは、Yahoo! JAPANカード、楽天カード、リクルートカード、dカードです。これらは1%以上の還元を受け、そのポイントを貯めて使いますが、P-oneカードはカード払いの料金から1%差し引いて請求がくるので、面倒くさがりの人にも使いやすいと思います。これらからメインカードを選んで一途に使えばポイントに無駄がなく、お金の管理もしやすくなります」

カード名 年会費 還元率 貯まるポイント おすすめポイント等
Yahoo! JAPANカード 永年無料 1% Tポイント 新規入会&3回利用で最大10,000円相当ポイントプレゼント。Yahoo!ショッピング、LOHACOの利用でポイント3倍など。
楽天カード 永年無料 1% 楽天スーパーポイント 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント。楽天市場の支払いポイント最大3倍など。
リクルートカード 永年無料 1.2% リクルートポイント 新規入会&利用で6,000円相当ポイントプレゼント。ボンバレモールの買い物で還元率4.2%。じゃらんnetでの宿泊予約で還元率3.2%など。
dカード 初年度無料 1% dポイント 新規入会&利用で6,000円相当プレゼント。ローソンで買い物すると請求時に3%OFF。ドコモの携帯料金で貯まる&使えるなど。
P-oneカード 無料 1% ポケット・ポイント カード利用時にポイントは貯まらないが、請求時に自動的にカード利用額が1%OFFになる。公共料金も1%OFFなど。
2019.2.8

ラテ・マネーの見直し

続いては、仕組みづくりその③「ラテ・マネーの見直し」です。ラテ・マネーとは、アメリカの資産コンサルタント、デヴィッド・バック氏の言葉で、「自分にとってじつは重要ではないことに使っているお金」のこと。毎日当たり前のように盲目的に買っているカフェラテのようなもの、という話です。

「一日で見ると300円ならまあいいかとなりますが、月間・年間で見るとどうでしょうか。年間7~8万円という金額を『高くて嫌だな』と思ったら、それはラテ・マネー。『その金額でくつろげるからいい』と思えばラテ・マネーではありません。たまに累積額を見て、嫌か嫌でないかを判断することが大切です」

ラテ・マネーは、コンビニや飲食店、100円ショップでの買い物、携帯の有料課金やオプションなど小口のものに潜みがちです。小さな支出を洗い出し、自分にとって重要ではないものは排除しましょう。

「営業の人が物を売るとき、『一日たったの500円』などと言うことがありますが、年間累計で考えると『こんなに高いの!』と思うことがあります。小口と累計では、自分の判断基準が変わるということです。これを踏まえて両方見ることが大事。小口と累計を逆にしてみるのはおすすめです」

「毎日の生活のなかで何かを我慢したり節約行動を続けたりするよりも、銀行口座やクレジットカードを見直して自動的に節制が続くほうが、ラクに感じる方は多いと思います。毎日チラシで安い商品を探して何軒もお店をまわる時間を、銀行やカードなどを研究する時間に充ててみるといいのではないかと思います」

今回ご紹介したことをはじめ、お金が貯まる仕組みづくりについて、「ほったらかしでもなぜか貯まる!」にくわしく書かれています。できそうなことから実践してみてはいかがでしょうか。

ほったらかしでもなぜか貯まる!ほったらかしでもなぜか貯まる!
風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

2019.06.03 17:06
お得・節約

Related entry

Pickup entry