重曹や酢を使った「エコ掃除」の秘訣

重曹や酢を使った「エコ掃除」の秘訣

地球にも自分に優しい大掃除。重曹や酢を使った「エコ掃除」の秘訣を解説します。

浴室の水垢やキッチンの油飛びなど「住まいの汚れ」は普通に生活していれば必ず発生します。大掃除で苦労しないためにも、普段から汚れを溜め込まないように心がけたいものですね。

普段の掃除でも大掃除でも、重要なのは汚れの正体を見極め、ふさわしい方法で落とすこと。

市販の洗剤を使い分けるのも一案ですが、今年は身近にある安心素材で「エコ掃除」に挑戦しませんか。

汚れの正体を知り、それを中和させる洗剤を使う

住まいの汚れは、ホコリ・油汚れ・水アカの3つに大別されます。シンク周りに張り付いた汚れなどは油+水アカの複合型です。

一方、市販の洗剤には台所用、風呂用などいろいろありますが、いずれも中性・アルカリ性・酸性といった表示がありますね。汚れは中和して落とすのが原則なので、汚れと反対の性質を持つ洗剤を使えばよいのです。

たとえば、油は酸性の汚れなのでアルカリ性の洗剤を、水アカはアルカリ性なので酸性の洗剤を使うわけです。

湯船についた汚れは水アカ(アルカリ性)と皮脂(酸性)が混ざっているため「中性」の洗剤を使います。

エコ掃除で使うのは、石鹸・重曹・酢の3つ

合成洗剤を使わない「エコ掃除」では、主に石けん・重曹(=ベーキングソーダ)・酢(またはクエン酸)が活躍します。

多種の洗剤を買わずとも家庭にあるものでできる上、万が一ペットや子どもが口にしても安心、手肌も荒れにくいなどのメリットがあります。

エコ掃除の場合も「中和」の原則に従うのが基本です。

石鹸・重曹
アルカリ性なので、酸性の汚れ(油汚れ、手・湯アカなど)に用いる。石けんは衣類についた汗や皮脂、食べ物の汚れなどに、重曹はレンジフードや換気扇、コンロ周りの油汚れ、配水管のぬめり、バスタブ・洗面器の皮脂などに。重曹は細かい粒子がクレンザーの役目も果たす。消臭効果も。
酢・クエン酸
酸性なのでアルカリ性の汚れ(水アカ、石けんカス、カルシウム成分など)に用いる。たとえば、蛇口の水アカ、浴室の石けんカス、電気ポット内部の汚れ、便器の汚れなど。殺菌作用もある。

ホコリは単独なら掃除機で吸い取るか、から拭きor水拭きでOKですが、べたつく場合は水アカや油汚れと合体している証拠。重曹や酢の出番です!

頑固な油汚れから焦げ付き、茶渋まで、幅広く使える重曹

重曹は自然界に存在する人体に無害なもので、中和・研磨・消臭などの作用があります。製菓売り場にあるベーキングソーダも成分は同じです。

油・焦げ・茶渋などに効果的で、たとえばギトギトの換気扇やコンロ周りに振りかけ、数分置いて拭き取るとピカピカに。

鍋や五徳の焦げ付きは、重曹を溶かした熱湯でグツグツ煮るとよいでしょう。

鉄やホーローにも使えますが、アルミは変色するので使わない方が無難。

そのほか、靴箱・冷蔵庫の消臭剤としても有効です。

重曹水(水200ccに重曹大さじ1~2程度)を作ってスプレー容器に常備しておけば、気がついたときにシュッと使えて便利です。

水周りに強いのは酢。クエン酸の水溶液でも同様の効果

酢といってもいろいろありますが、掃除には醸造酢かホワイトビネガーが適しています。

酢特有の匂いが気になる人は、薬局などで売っているクエン酸を水に溶いて使うとよいでしょう。

濃度は2%(水200ccにクエン酸小さじ1程度)を目安に、薄めに作ります。

酢やクエン酸がとくに活躍するのは水周り。浴室マットのヌルヌルや、カラン・蛇口に付いた白いシミなどにスプレーして数分置き、古歯ブラシや布でこするとキレイに落ちます。カビ取り・カビ予防の効果も。

金属に酸が残ると錆びる原因になるので、汚れを落とした後は十分にすすぐか水拭きをして、酢の成分をしっかり流しましょう。

関連記事
手早くできる「大掃除」のポイント
汚れのたまりやすい換気扇、超協力「パワークリーナー」でピカピカに!
ガンコなカビを手軽に簡単にしっかり落とす方法
2019.11.01 21:39
住い・生活

Related video:掃除

Related entry

Pickup entry