入浴剤の効能から簡単なお掃除術まで、素肌すべすべ・疲れすっきりの入浴法

入浴剤の効能から簡単なお掃除術まで、素肌すべすべ・疲れすっきりの入浴法

疲れが取れない、肩こりで寝付けない、筋肉が疲れている…など、さまざまな「疲労」に悩んでいる方は多いことでしょう。

疲れはなるべくためこまず、その日のうちに解消するのが大切。そのためには入浴が非常に有効です。お風呂でしっかり温まり疲れを取って床につけば、ぐっすり眠れて疲労も吹き飛ぶはず!

今回は、入浴を快適にするためのポイントをお届けします。

血流を良くし、気持ちを落ち着ける決め手は「ぬるめの湯」

入浴は睡眠や食事と同様に大切な行為。汚れを流すだけならシャワーで事足りますが、心身の疲れを癒すには何といっても湯船につかることです。時間をかけてゆっくり入れば体は十分温まり、汗とともに疲労感も抜けていきます。

その際に気をつけたいのは、湯の温度。熱い湯では交感神経が刺激され、筋肉は収縮し血流も抑制されてしまうため、緊張がほどけないのです。

ぬるめ(夏なら38度、冬なら40度程度)なら副交感神経が優位に働き、筋肉はほぐれ、リラックスすることができます。もちろん、快眠にもつながりますね!

寒い季節は、脱衣所と浴室の温度差を少なくすることも大切。とくに高齢者、高血圧の人は要注意です。

心臓に負担がかからず、ゆっくり疲れが取れる「半身浴」

半身浴のイラスト

入浴法2つめのポイントは入り方。肩までつかると、体にはかなりの水圧がかかります。その結果、血流は悪くなり、下半身が温まりません。心臓にも負担がかかりますし、長時間入っているのも難しいものです。

その点、半身浴(胸の下あたりまでつかること)なら血液が全身をめぐり、体が芯から温まります。

体や髪を洗う時間を挟みながら、無理のない範囲で20~30分、じっくり半身浴を行えば、冷え性や肩こりも改善されることでしょう。

古本屋で買った本や雑誌を読みながら、半身浴を楽しみましょう。目を休めたい方は、目の上に温かいタオルを置いて「瞑想」しても!防水性のプレイヤーで音楽を楽しむのもいいですね。

さら湯は肌を乾燥させる原因。入浴剤を使いましょう!

入浴剤のイラスト

湯船につかる際、さら湯はおすすめできません。体に必要な脂分まで失われ、肌が乾燥してしまうのです。

入浴剤を使えば肌の保湿効果が高まるだけでなく、体を温めたり血行をよくしたりする「入浴本来の効果」もアップするので、ぜひ活用しましょう。

入浴剤は、効能・効果をよく読んで、ご自身の悩みを解消してくれるものを選びましょう。アロマテラピーのエッセンシャルオイルを湯船に数滴垂らして好きな香りを楽しむのもよいですね。

入浴剤を選ぶポイント

  • 保温効果が優れている
  • 肌への保湿効果が高い
  • 血行を促進する
  • リラックス効果が得られる
  • 浴槽をいためる成分が入っていない
  • 洗濯などに残り湯を使える

季節の草花や果物も入浴剤に季節の草花や果物も入浴剤に

たとえば、みかんの皮を乾燥させたものや柚子などを入れれば、フレッシュな香りに包まれながら温浴効果がグンとアップ!

湯船から出た後も温かさが持続します。

関連記事
お肌の乾燥予防に!バラの香りにうっとりするティファロ・オリーブアロマバスオイル
【アロマベラ】自宅に居ながら「スパ・リゾート」気分が味わえるナチュラルなオイル

冷めないうちに掃除をすれば、清潔なお風呂を満喫できます

浴室はカビの温床でもあります。入浴後はしっかり乾燥させることもお忘れなく。

毎日気持ちよく入浴するには、掃除の仕方もポイントのひとつ。

日々の浴槽掃除には、中性洗剤をスポンジに少量付けて、全体を丸く描くように洗います。湯垢を分解してくれる重曹を使ってもよいでしょう。

大切なのは「いつ掃除をするか」です。湯垢は温度が下がるとこびりついてしまうので、浴槽の温度が高いうちに、つまり最後の人が入浴したらすぐに洗ってしまえばいいのです。

壁や床も、石けん成分を残さないよう、毎日さっと洗い流しておきましょう。

2019.10.16 11:34
住い・生活美容・健康

Related entry

Pickup entry