• ホーム
  • 食物・飲物
  • 【飛行島】酸味が少なくコクのあるビターなフレンチロースト「ビター・ブレンド」

【飛行島】酸味が少なくコクのあるビターなフレンチロースト「ビター・ブレンド」

【飛行島】酸味が少なくコクのあるビターなフレンチロースト「ビター・ブレンド」

コーヒーの醍醐味と言えば、あの豊かな香りと、酸味・苦味・コクのバランス。「コクのあるビターが好き」「すっきりさわやかなのが好き」など好みは違いますが、それらは豆の産地や焙煎の度合いでいかようにも変わります。

重要なのは、「良質な豆をどこで買うか」。自家焙煎の専門店として20年以上の実績を持つ「飛行島」なら、きっとあなた好みのコーヒーに出会えるはず。

わが家は、酸味が少なくコクのあるビターなフレンチローストが好きなので「ビター・ブレンド」を試してみました。

すぐに飲まない分は、鮮度保持のため冷凍しておくとよいかもしれません。

いつもは豆のまま買って自分で挽いていますが、今回は「もっと手軽に楽しみたい」という方のために、挽いた状態の粉を試してみました。とはいえ、コーヒー豆は鮮度が命。ドリップコーヒーを日常的においしく楽しみたい方は、お好みのグラインダーを買って自分で挽くのもおすすめですよ!

ケトルでお湯をわかしつつ、軽量スプーンで粉をはかってドリッパーへ。この日は3杯分を入れてみました。やや粗めの挽き具合なので、すっきりした味わいになるかな?と予想しつつ。

コーヒーポットに熱湯をうつし、まずは数滴ちょんちょんちょん。しばらく置いて蒸らします。

粉の中心に10円玉を描くように・・・など、淹れ方のコツはいろいろありますが、子どもが淹れてもおいしくできますから、細かいことは気にしなくても大丈夫。豆がおいしければよいのです。

ゆっくりドリップしていくと、粉がこんな風にふくらみます。これは豆の鮮度がいい証拠。辺りには、なんとも言えない芳香が漂っていますよ〜。

コーヒーサーバーの「3」の目盛りまできたら、ドリッパーにお湯が残っていてもかまわないので、ドリッパーごとコップなどに引き上げます。最後まで落としきらずにこうやって引き上げたほうが、雑味が入らないといわれています。

さぁ、おいしそうなドリップコーヒーのできあがり。コーヒーの芳香は、朝の忙しい時間にもうるおいを与えてくれます。来客時にもじっくりドリップしてお出しすれば、なんともうれしい「おもてなし感」を味わってもらえるはず。

温めたミルクを泡立てて、ドリップコーヒーに加えればカフェオレに! コーヒー自体がおいしいと、カフェオレも本当においしいです。やや濃い目にコーヒーを淹れるとよいですよ。ミルクフォーマーはインターネットや100円ショップなどでも買えるので、おうちカフェを楽しみたい方は、入手してみては?

良質な豆を丁寧に自家焙煎して届けてくれる飛行島。ほっこりゆっくり過ごしたい冬の時間を、今よりもっと豊かにしてくれることでしょう。

関連記事
【飛行島】インスタントとは全く違う!自家焙煎のコーヒー豆で至福の時間
2019.08.11 13:57
食物・飲物

Related entry

Pickup entry