• ホーム
  • スイーツ
  • 旬のスイーツにくぎづけ〜あの有名店の行列にも並んできました

旬のスイーツにくぎづけ〜あの有名店の行列にも並んできました

旬のスイーツにくぎづけ〜あの有名店の行列にも並んできました

2月のバレンタイン、3月のホワイトデーという2大イベントが終わり、スイーツ界は今、春まっさかり。桜をイメージしたものや苺をたっぷり使ったものなど、春色のスイーツが「別腹」を刺激します。

ここはもう、花より団子、別腹バンザイ!の精神で、スイーツの街として名高い東京・自由が丘へと行ってまいりました。

ツヤツヤの生ケーキに激しく心を奪われながらも、今回は「ネットでも買えるもの」を中心に選んできました。気になるスイーツがあったら、みなさんもどうぞ試してみてください。ではさっそく、戦利品をご紹介します!

モンサンクレール

モンサンクレール

まずは『モンサンクレール』。数々のコンクールで優勝し、世界を舞台に活躍する辻口博啓氏がオーナーパティシエを務める超人気店です。

美しいプチガトー(小さなケーキ)が有名ですが、パンやショコラ、焼き菓子、半生菓子もおすすめです。

半生菓子の代表選手・マカロン。

やっぱりかわいいなぁ、マカロンって。コロンと丸くて、カラフルで。モンサンクレールのマカロンは初めて食べましたが、クリームがしっとり濃厚で、生地のサクサク感といいバランス。いくつでも食べられそうでコワイ・・・。

桜フレーズ

桜フレーズ

この季節にぴったりの焼き菓子「桜フレーズ」(写真手前)と「うらら」。

春のお茶うけにぴったりの「うらら」は白餡入りで和風テイスト。珈琲にも抹茶にも合う上品な味です。季節限定の冷凍ケーキ「さくら」も気になりますねー。

自由が丘ロール屋

自由が丘ロール屋

続いて、行列のできるロールケーキ専門店『自由が丘ロール屋』へ。

私は初めて並びましたが、制服を着た警備員のおじさんがメニューを指さしつつ「今日はこれとこれが売り切れちゃいました。こっちも美味しいですよ」と、ニコニコ案内してくれるのがなんだか面白かったです。

春限定の「デコポンロール」と、定番の「ショコラロール」、店名にもなっている「自由が丘ロール」を購入。どれもしっとり、ふ〜んわり♪

フレッシュなデコポンは、まさに春を思わせるさわやかな美味しさです。ただ個人的には「並んで買うほどでは・・・」と思ったかな。ロールケーキならほかにも美味しいお店がありますし。平日を狙うといいのかも。

個別包装された小さなプチロールや、焼き菓子も人気。写真は「ピスタチオとベリーのロール」「いちごロール」「いちごロッシェ」。

見た目もかわいいし、ちょっとした贈り物によさそう。いちごロッシュは苺の風味がしっかり効いていて美味しかったです。

モンブラン

そして最後に、昭和8年創業の老舗『モンブラン』へ。子どもから大人までみ〜んな知ってるケーキの王様(?)モンブランは、じつはこのお店が発祥なのです。

残念ながらモンブランは売り切れでしたが、以前食べたときの印象では、いかにも素朴な「昔ながらのケーキ」。「わ、美味しい!」というより「懐かしい〜」という感じ。

というわけで、今回は苺が春っぽいサバランを購入。

サバラン

ラム酒が効いていて、私としてはモンブランよりも好み。モンブラン同様、そこはかとなく懐かしさを感じさせるケーキです。

昔からのファンも多いこのお店。実際、店内にも年配の女性客が多かったです。流行のスイーツを食べ慣れた同世代の友達より、甘党の年上の方への贈答に、いいかもしれません。

「モンブランは、ケーキもいいけどクッキーが美味しいのよ」とは、友人のお母様談。なるほど、それならネットで買ってもいいですね。

春が終わる頃には、夏向けの涼しげなスイーツがガラスケースに並びます。スイーツの甘〜い誘惑は、結局のところ一年中、私たちの別腹を刺激し続けるのでしょう。

2019.06.17 22:49
スイーツ

Related entry

Pickup entry