ローマの代表的な肉料理「サルティンボッカ」

ローマの代表的な肉料理「サルティンボッカ」

旅行したくてもなかなか行けない今のご時世。各国の料理をおうちでおいしく再現して、旅気分を味わってみませんか? コロナ禍で在宅時間が確保でき、じっくり料理に向き合う方も増えているはず。この機会にぜひ挑戦してみてください。簡単なので!

Saltimbocca サルティンボッカの材料と作り方

ご紹介するのはローマ名物「Saltimbocca サルティンボッカ」。イタリア語で「口に飛び込む」(salti=ジャンプ、bocca=口)という名の通り、サッと簡単につくれてパクッと食べられるもの、おいしすぎて口に飛び込んでくるもの、といった由来があります。レストランでも家庭でも頻繁に登場する有名な肉料理です。

材料は、牛肉、セージ、プロシュット(生ハム)、バター、黒胡椒。以上です。

使う肉は牛・豚・鶏、なんでもOKですが、プロシュットとセージは必須。セージというハーブは「ソーセージ」の語源になったという説があるくらい、お肉との相性が抜群。

消化を促進する働きもあるそうです。

万が一入手できない場合はセージの「すっきりとした香りで肉のくさみを消す」という特徴に合わせて、ローズマリーやオレガノなどをみじん切りにして代用します。

ただ、やはり「サルティンボッカといえばセージ!」なので、ぜひ探してみてください!

ちなみにわが家ではベランダ菜園でセージの苗を育てています。

今回は牛肉を使ったレシピ。アメリカやオーストラリア産の安いステーキ肉で十分ですが、プロシュットはイタリア産のおいしいやつを使うとよいですよ!

バター&生ハムの塩気や香りもおいしさの秘密です。

材料

  • ステーキ用の牛肉 2枚程度(肉叩きで叩くので、豚肉を使う場合もやや厚みのあるスライスに)
  • プロシュット 4〜5枚(肉の大きさに合わせて適量)
  • セージ 適量
  • 有塩バター 大さじ3〜4(バター+オリーブオイルでもOK)
  • 黒胡椒 適量
  • 小麦粉 適宜

難しい工程はありませんが、ポイントを挙げるとしたら「肉を焼きすぎないこと」。とくに牛肉は表面に火が入れば十分です。

コツは、フライパンにたっぷりのバターを溶かし、その「バターのプール」で1枚ずつお肉をささっと泳がせる感じ。1枚ずつトングでつかんで焼くとうまくいきます。両面5〜10秒程度。肉の色が変わればOKです。

つくり方

  1. 牛肉を肉叩きでガンガン叩いて薄くしてから、10cm×5cmほどの大きさにカットする。
    • 肉叩きは100均でも売っています。安い肉もおいしくなるし、にんにくをつぶすのにも便利。ぜひお手元に!
  2. 片面に黒胡椒をふり、プロシュットをまんべんなくおおう。
  3. もう一方の面に小麦粉をつけ、余分な粉ははたく(小麦粉はつけなくてもOK)。先ほどプロシュットをのせた面にセージを1枚のせ、楊枝で留める
  4. フライパンにバターを入れて溶かし、肉の両面をさっと焼く。
    • 冒頭に書いた「プールで短時間だけ泳がせる感じ」です。豚肉の場合は焼き色がつく程度に焼いても。
  5. 楊枝を外してからお皿に盛り付け、フライパンに残ったバターソースをまわしかけて、仕上げに黒胡椒をふる

ワインが進む、すご〜くいいお味!実際食べてみると「たしかにセージが必要だな」と実感できると思います。

簡単で手早くできるのにパーティー映えするサルティンボッカ。

ローマ名物なので、同じくローマ発祥の「カルボナーラ」や「アマトリチャーナ」などのパスタと一緒に味わってみて。

2020.12.26 12:40
食物・飲物

Related entry

Pickup entry