デジタルライフをもっと手軽にしてくれるタブレット端末。ノートPCやスマホとは何が違う?

デジタルライフをもっと手軽にしてくれるタブレット端末。ノートPCやスマホとは何が違う?

2010年にiPadが発売された頃からでしょうか、「タブレット」という言葉を耳にする機会が増えてきました。でも、「タプレットとノートパソコンって何が違うの?」と疑問に感じている方も多いかもしれません。私自身、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットとすべて持っていますが、使ってみるまでよくわかりませんでした。

タブレットとは、簡単に言うと画面を直接さわって操作できる、タッチパネル式の携帯可能な情報端末です。スマートフォンよりも画面が大きくて操作性がよいこと、ノートPCよりも軽く、薄型なので持ち運びしやすいことが大きな特徴です。起動が速いのもうれしいポイントのひとつ。

パソコンと同等の性能があるわけではないので、仕事でばりばりパソコンを使う人などにとってはタブレットが「メインの道具」にならないかもしれませんが、ウェブサイトやメールなどをチェックしたり、動画や電子書籍などを見たり、という使い方にはぴったりの端末といえます。

キーボードやマウスを使わず直接手でさわれるため、パソコンに不慣れな人でも操作は簡単。スマートフォンよりディスプレイが大きいので、見やすく、タッチ操作もよりラクチンです。

この使いやすさなら、子どもでもすぐ操作を覚えられますよね。おかげで、たとえば「家事で手が離せないからちょっとアプリで遊んでいてほしい」「長時間の移動中に動画を見せておきたい」というときなどにも便利!

ほかにも、重宝するのが、レシピを見るとき。タブレットなら気軽にキッチンまで持ち運べるし、文字を拡大したり次のページを見たりという操作も、調理の合間にワンタッチで行えるので便利です。

もちろん、カメラが内蔵されているので、写真や動画も撮れます。タブレットを持っているときシャッターチャンスに恵まれたら、すかさずパシャリ!画面にタッチするだけなので、これまた操作は簡単です。

ただし、人が大勢集まるような場所で、タブレットを高く掲げて写真を撮っていると、周りの人の邪魔になるのでスマートフォンやコンデジを使ったほうが無難ですね。

ノートPCとスマートフォンを「いいとこどり」したような、気になる存在タブレット。その特徴を知って、日々の暮らしに大いに役立てたいものです。

2019.06.13 18:55
デジ活・便利ツール

Related entry

Pickup entry