マンションやアパートなど集合住宅暮らしのマナーとルール

マンションやアパートなど集合住宅暮らしのマナーとルール

マンションやアパートなどの集合住宅では、我が家の「専有部分」のように使用している場所でも、実は「共用部分」であることが多くあります。

例えば窓やお隣との境界になっている壁は構造の一部であり「共用部分」となっています。また、バルコニーや専用庭、玄関ドアなども「共用部分」です。つまり、建物全体の構造に関わるものは「共用部分」とされているのです。

今回は、意外と知られていない共有部分を紹介します。

共用部分で気をつけること

廊下・階段

たとえ自分の住居前であっても、廊下や階段は共用部分。火災などの緊急時には大切な避難通路となるので、障害となる私物は置かないようにしましょう。

窓・お隣や外壁とつながる壁

こちらも共用部分。管理組合の許可なく勝手に窓を交換したり、色を塗ったりしてはダメですよ。

エレベーター

お子様のエレベーター遊びやいたずらが故障の原因となり、閉じ込められたり、ドアに手を挟まれたりすることも。小さなお子様の一人乗りや、いたずらなどないよう、注意が必要ですね。

集合郵便受け

エントランス近くにある集合郵便受けも、専用使用できる共用部分。勝手に鍵を交換するなどはしないようにしましょう。

バルコニー・専用庭

お部屋は専有部分ですが、バルコニーや専用庭は共用部分。緊急時には避難通路となるため、物置など避難の妨げになるようものは置かないように気をつけて。また、専用庭は敷地の一部なので、温室や物置などを作るのは控えましょう。


ルールとマナーを守るために「共有部分」を知ることは大切なこと。住人みんなが意識すれば、ストレスのないマンション・アパート生活が送れるのではないでしょうか。

関連記事
マンション、アパートなどの集合住宅における、意外と知らない共用部分の防災設備
2019.10.24 20:24
住い・生活

Related entry

Pickup entry