雨の日の外出が楽しくなる!〜履いてかわいい使える雨靴

雨の日の外出が楽しくなる!〜履いてかわいい使える雨靴

雨の日…。髪型は乱れやすいし、洗濯物はなかなか乾かないし、なんだか出かけるのもおっくうになりますね。

でも、雨の日は必ずやってくる。「鬱陶しいなぁ、イヤだなぁ〜」とブルーにならず、できるだけ快適に乗り切る工夫をしたいものです。

私は数年前に、かわいいレインブーツに出会ったおかげで、長雨のシーズンも少し楽しめるようになりました♪イタリアのシューズブランドTRANS-PARENTSの長靴です。

雨を防ぐだけじゃなく、レザーとラバーのバランスといい、細身の編み上げ具合といい、デザインの点でも優秀!

日本には直営店はないようで、私はセレクトショップで発見。少々高かったので買うときは迷いましたが、キャンプ場の雨露に濡れた芝生の上で履いたり、雨の日に街で履いたりと活躍の場も多く、よい買い物でした♪

翌年、「これは長年使えそうだし、色違いもほしいかもっ」と思い、同じ店に行ったら、そのときには取扱が終了しており。2足「大人買い」しておけばよかったと今でも少し後悔してます・・・。

でも最近は、ヒールが高めで脚がキレイに見えるデザインや、ポップな柄入りで元気に履きこなせそうなものなど、店頭でも雑誌でもネットでも、いろんなブーツに出会えますよね。

フランスの老舗ブランドUMOのラバーブーツや、お手軽な無印良品のものなんかもよさそうです。

「あのとき買っておけばよかった」と後悔しないよう、お気に入りを見かけたら、とりあえず試着だけでもしてみましょう!

タマラ・ヘンリケのローファータイプ

タマラ・ヘンリケのローファータイプ

こちらはタマラ・ヘンリケのローファータイプ。

雨靴っぽくないし、ジーンズにもスカートにも合わせやすい。ブーツを履くほどではない小雨のときにも、気軽にひょいっと履けるので重宝しています。ただ、ソールが薄く、素材もやわらかいせいか、歩きやすさの点ではいまひとつ。

でも、雨の日ってそんなにガシガシ歩きませんしね〜。

このシューズは、かなり履きこんで傷みも出てきたので、こういうローファータイプ、もしくはバレエシューズタイプをぜひ買い足したいと思っています。私も試着しまくろうっと!

ROTHCO(ロスコ)のジャングルブーツ

ROTHCO(ロスコ)のジャングルブーツ

そして、機能性・値段・デザインのどれをとっても一押しなのがミリタリーブランドROTHCO(ロスコ)のジャングルブーツ。

ROTHCOは、アメリカの陸・海軍のサプライヤーとしてスタートしているメーカーです。そのノウハウを活かして一般向けのミリタリーウェアを展開し、高い品質とコストパフォーマンスで知られています。足にフィットする細身のデザインは、おしゃれ度も高し!

なにせアメリカの軍人さんたちが使用する、コンバットブーツを再現した作りなのだそうで。街なかに降りしきる雨なんか、メじゃありません!通気性も抜群で、使い込むほどに足になじんできます。

見た目はゴッツイけど意外と軽い。もちろん耐久性も◎。黒のほかにオリーブ色もあり、そっちもかわいいのです。

値段は店によってまちまちですが、安いとこだと5,000円以下。この品質でこの値段はかなりの掘り出し物っ!!

軍用鞄や靴って、女性でもイケるものがけっこうあります。全身ミリタリーだとちょっと・・・・・・ですが、ポイント使いにはおすすめ。丈夫だし、モノがいいのに意外と安いのです。

ただ、ブーツの場合、なかなかレディースサイズがなくて。その点、ROTHCOはキッズサイズから展開しています。USA-日本の一般的なサイズ換算の目安は(あくまでも目安です!)

  • 4 - 22cm
  • 5 - 23cm
  • 6 - 24cm

といった感じですが、ROTHCOはこれよりやや大きめ。

  • 3 - 22.5〜23cm
  • 4 - 23.5〜24cm
  • 5 - 24.5〜25cm

というくらいで考えるとよさそうです。

たとえば、ふだんは24センチの靴を履いている私ですが、ROTHCOの場合は、お店で試してみて「4」を購入しました。もしくは、「5」を買って厚手の靴下を合わせるとか。

海外の靴を買う場合、そのあたりには注意が必要ですよね。


濡れても大丈夫な「雨具」としてだけではなく、おしゃれを楽しむファッションアイテムとして、雨天用の靴や鞄、傘、コートなどのお気に入りを揃えれば、雨の日もなんのその。

むしろ楽しくなりそうです。

2019.09.26 23:32
住い・生活

Related video:レインシューズ

Related entry

Pickup entry