ムダなくムリなく食品の美味しさを封じ込めるとっておきの冷蔵庫活用術


ただいま~。ママ、お腹すいたー!


おかえり~。ちょっと待ってて。ここが片付いたらおやつ作ってあげる。


今日、誰か来るの? でっかい鍋!


お肉が特売だったからねー。晩ご飯の支度ついでに調理しておこうと思って。まとめてやればガス代の節約になるしね。


何してるの?


鶏ガラは野菜クズと煮込めば美味しいスープになるし、挽肉は買った日に玉ねぎのみじんぎりと一緒に炒めておくの。すぐ食べるなら冷蔵、長く置くなら小分けして冷凍するのよ。


普通のお肉は? パックのまま冷凍?


買ったままだとパックの中に空気が入ってるでしょ? それだと酸化しやすいから、空気を抜きながらラップで薄く包み直して、保存袋に入れて冷凍するの。


ふーん。冷凍したほうが美味しいわけ?


新鮮なものをそのまま食べたほうがもちろん美味しいよ。でも、たくさんもらったり、特売で多めに買ったりしたときは、冷凍のほうが美味しいまま取っておけるから。


何でも冷凍できるんなら、冷蔵庫全部を冷凍庫にしちゃえばいいじゃん


良太、なかなか深いこと言うわねぇ。でも、一概にそうとも言えないよ。すぐに食べ切れる野菜なんかはやっぱり冷蔵がいいし、冷凍できない食品もあるからね。

食材を新鮮なまま冷凍する「ホームフリージング」を徹底活用することは、節約一家にとって欠かせない知恵。安い食材をまとめ買いできるのはもちろん、スープや総菜などを仕込んで冷凍しておけば、急な来客やお弁当作りにも大活躍。離乳食にも便利です。

フリージング可能な食材には、

  1. ごはん、パン、肉まん、餅などの主食類
  2. 生肉、生魚、干物などの魚肉類
  3. 煮物、炒め物、唐揚げ、フライなど調味液に漬けるもの・加熱調理したもの
  4. ダシ汁、鶏ガラスープ、ホワイトソース、トマトソースなどの汁物
  5. 納豆、油揚げ、おからなどの大豆製品

等々があります。

豆腐やこんにゃく、かまぼこ、たけのこ、プリンなどは、解凍後に食感が大きく変わるため、フリージングには不向き。野菜も食材や方法によってはそのまま冷凍できますが、できれば冷蔵で早めに食べましょう!

  • 市販の小さなゼリーを凍らせておき、お弁当の隅っこに入れておくと、ちょっとした保冷剤代わりに。もちろん子どもも大喜びです。


よっし。あとは冷ませばいいだけから、おやつを作ろうか。冷凍しといた肉まんでいい?


肉まん大好き!でも、そのスープとか挽肉とか、先に冷凍庫に入れちゃえば?


冷めないうちに冷凍したら電気代のムダでしょ~。


あ、そっか。じゃぁ、冷ましてからゆっくり冷凍するんだ?


冷凍するときはなるべく早く、一気に凍らせるのがホームフリージングのコツなの。

ホームフリージングの六箇条

  1. 新鮮・作りたてを保存する(調理したものは、作りたてを冷ましてから)
  2. 薄く平らに小分けする(薄いほうが凍りやすい。1回分に小分けすればさらに便利)
  3. 空気を抜いてぴったり密封(匂い移りを防ぐためにも密封するのは大事)
  4. 冷凍庫の温度を下げて急冷(温度調節を「強」にするか、急冷付きなら急冷ボタンを)
  5. 日付と中身を明記する(1ヶ月以内には使い切ること。再冷凍は厳禁!)
  6. 上手に解凍する(生の魚介類や肉類は流水での急速解凍は避け、冷蔵庫でゆっくり解凍。肉まんや餃子などは解凍せずそのまま調理)

熱伝導率の高い金属のトレイに置くとさらに急冷できます。クッキーやお煎餅の缶の蓋などでも代用可。


そういえば、ごはんもよく冷凍してるよね?


保温は電気代がかかるし、冷蔵だとかたくなるから。ごはんの場合は水分が大切だから炊きたてを1食分ずつラップに包むの。ママはおにぎりにして冷凍するから食べるときも楽ちんでしょ。


炊きたてをラップに包む、でも冷凍庫に入れるのは冷めてから、だよね?


そうそう、よくわかってるじゃない!そういえば、お隣からほうれん草をたくさんいただいたんだ。どうしようかな。いつも通り、ナムルにしておこうかな。


おばあちゃんに聞いてみたら?


そうね、そうしよう。


葉物野菜を冷凍する場合は、茹でて水気を切り、適当な大きさに切ってからジッパータイプの保存袋に平らに入れます。

種類の違う野菜も、青梗菜やブロッコリーなどアクの弱い野菜から茹でていけば、同じ鍋で一気に片付くので水もガスも節約できます。

新鮮なうちにナムルやおひたしにしておき、小分けして冷凍するのも手。

おばあちゃんにも保存法を聞いたところ、やっぱり常備菜にしておくそう。ただ、ごま和えなどは作り置きすると風味が飛ぶので、冷凍する場合は茹でるだけ茹でて、食べる直前にゴマやダシ醤油で和えるのだとか。

節子さんが伝授!賢い節約術

  1. 基本料金の見直しから、待機電力のカット・・・発想の転換で電気を使わない方法
  2. エコドライブのすすめと、無料イベントなどを活用した激安で楽しむ日帰りレジャー
  3. ムダなくムリなく食品の美味しさを封じ込めるとっておきの冷蔵庫活用術
  4. 夏休みの家族旅行を「安く」「おトクに」楽しむ方法
  5. 植物の活用、体を冷やす食材など、夏の暑さを乗り切る秘策
  6. 太陽光はいくら使ってもタダ!簡単・おいしい「干し野菜」の作り方
  7. 「タンスのこやし」はこうしてなくせ!着なくなった服を「復活」させるアイデア
  8. 暖房費はまだまだ減らせる!体が芯から温まる飲み物、湯たんぽの活用など
  9. 洋風の常備食や、おせち料理のリメイククッキングをご紹介
  10. 長い目で考えて無駄の出ない買い物の仕方
  11. お金をかけずに美肌をめざせ!化粧品の節約ワザ
  12. 医療費節約の最大のポイントは病気を防ぐこと!家庭でできる医療費節約術
  13. 花瓶に活けた花を少しでも長持ちさせるための工夫~節約しながら切り花を長く楽しむコツ
  14. 安い・手早い・おいしい弁当~冷凍食品を活かす方法や前夜の残り物・余ったご飯の活用方法
  15. 洗濯代を安くし清潔度もアップ!梅雨時期の洗濯はこうして乗り切れ!
  16. 安いのにおいしい!栄養たっぷり定番食材を使うアイデア
  17. 今日はエアコンを付けない日…涼しく暮らすためのアイデア
  18. 無計画な買い物はムダだらけ!食費を抑える具体的なアイデア
  19. 美容院の費用の抑え方~クーポン活用やカットモデルなど支出を減らす具体的なコツ
  20. 少しずつでも気がつけば貯まる、小銭貯金のすすめ
  21. 安いお肉をやわらかくする裏技や豚の背脂を賢く活用する方法
  22. 時間も電気代も節約できる効率的な電子レンジの使い方
  23. ながら運動~歯磨きしながら掃除するなど同時にこなせる家事や美容法(脚痩せの効果も)
  24. ホットケーキミックスなど、お得な「粉もの」活用術
  25. 節約家にとって見逃せない「電気代節約+長く使える」長所の多いLED照明
  26. 断捨離(だんしゃり)の考え方と不要なものを売って臨時収入を得る方法
  27. 昔ながらの掃除方法、節電貯金など節電を楽しむ工夫
  28. 会社と自宅でできる「涼しい服装」クールビズで暮らす「夏服」の工夫
  29. 手間も道具も最小限、土を使わない水耕栽培で家庭菜園