心地いい季節を丸ごと楽しむ、道具を揃えたアウトドア・コーヒーのすすめ

心地いい季節を丸ごと楽しむ、道具を揃えたアウトドア・コーヒーのすすめ

自然の中での飲食は、それだけで楽しいものですよね。今回は、アウトドアで気持ちよくコーヒーを飲みましょう!という企画。お店で買っていくコーヒーとは全く違うおいしさと、じっくり淹れる楽しみが、思う存分味わえます。

屋外でコーヒーをドリップする。

家で淹れるのと行為自体は同じですが、やはり道具は、いつもと少し変わってきます。お湯をわかす道具、ポット、コーヒーサーバー、ペーパー、マグ。

豆は、あらかじめ何杯分淹れるかを決めておき、必要な分だけ測って、ジップロックなどに入れたうえで持って行くと便利です。ジップロックは、抽出が終わったコーヒー豆を捨てる際のゴミ袋としても役立ちます。

ソト(SOTO)G'z G-ストーブSTG-10

まず、お湯を沸かしましょう。写真は、新富士バーナーの「ソト(SOTO)G'z G-ストーブSTG-10」。これ、ものすごくコンパクトに折り畳めるので、小さめのバッグにもすっぽり収まります。

しかも、一般的なカセットガスが使え、着火もライターいらず。ピクニックでちょっとお湯を沸かしたいな〜、というとき重宝しています。お湯を沸かすポットは、直火OKのものを。写真はキャンプ用品ですが、普段コーヒーを淹れるときに直火OKのものをお使いなら、それを持参すれば大丈夫です。

もちろん、もっと手軽に、保温ポットに熱湯を入れて持って行ってもいいです。ただ、外でお湯が沸かせるとコーヒーだけでなく、スープや紅茶もつくれるし、なんだか楽しいのです。

ポーレックスコーヒーミル

グラインダーはコンパクトな「ポーレックスコーヒーミル」。ハンドル部分が取り外せるので、持ち運ぶのにとても便利です。

ユニフレーム(uniflame)のコーヒーバネット、grande(グランデ)4人用

ドリッパーがこれまたおすすめ!「ユニフレーム(uniflame)の、コーヒーバネット grande(グランデ)」4人用です。なんとこれ、バネ式でコンパクトに折り畳めるのです。市販の円錐型ペーパーをセットして使えます。

そしてそして、一番悩んだのがサーバーです。いろいろ試した結果、割れにくくて携帯しやすい理化学実験用のトールビーカーを使ってみることに。

トールビーカー

写真は「IWAKI PYREX 500ml」です。コーヒー用ではありませんが、この口径だとちょうどドリッパーがセットできて、1杯120ml×4杯分(480ml)のコーヒーが淹れられるので、本当にぴったり!取っ手がないのでハンカチでつかんでもいいですが、私はニットをぐるりと一周分編んでみました。

マグは保温性の高いものを持参するとなおよし。チョコレートやクッキーと一緒に、淹れたて熱々のドリップコーヒーをいただきましょう!

道具をいろいろ使うので後片付けは必要ですが、自然の中でなら、それもまた楽しいもの。深呼吸しながら、淹れたてのドリップコーヒーを味わうためなら、多少のメンドクサさは我慢できます!

アウトドアで淹れるおいしいコーヒー。ぜひぜひ試してみてください。

2019.06.11 22:06
娯楽・観光いいものみっけ

Related entry

Pickup entry