料理専門の写真教室「フェリカスピコ」でインスタ映えする料理写真の撮り方を学ぶ

料理専門の写真教室「フェリカスピコ」でインスタ映えする料理写真の撮り方を学ぶ

2021.06.26 17:54
2021.06.28 20:49
趣味・娯楽・観光・旅行デジ活・便利ツール
写真インスタ映え学校
  • 一生懸命つくったスイーツを写真に残したい
  • こだわりの料理をレシピサイトに投稿したい
  • インスタ映えする写真を撮りたい

・・・そんな時に思ったことはありませんか?もっと、おいしそうに撮れたら...と。

そこで、雑誌などで活躍する写真家にして『もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ』の著者、料理専門の写真教室「フェリカスピコ」を主催する佐藤朗さんに、おいしく撮るコツを教えてもらいました。

佐藤先生いわく「高価なカメラも特別な機材もいりません」太陽の光、いわゆる自然光を味方につければ大丈夫。手軽なコンパクトデジタルカメラで驚くほど上手になるそうです。

ポイントは3つ。

  • 料理は窓際のテーブルに
  • 光をやわらげること
  • 室内の照明は消すこと

たとえば、会席料理の前菜3品を撮った2枚の写真(下)。左は先生に指導を受ける前に我流で撮ったもの、右は指導を受けて撮ったもの。比べてみれば違いは一目瞭然です。

料理写真の撮り方

我流で撮った写真は、料理を部屋中央のテーブルに置き、室内の照明をMAXにした状態で撮影照明が複雑な影を落として、くすんだ印象に。

それに対して右の写真は、料理を窓際に移動し、電灯はオフ。斜め後ろから太陽の光が当たる状態に設定しました。晴れの日の強い日射しを障子でやわらげて影もふんわり。

もっとおいしく!を目指すなら、レフ板を

これでも十分おいしい写真になりますが、もっとおいしく!を目指すなら、レフ板を。スケッチブックでもノートでも白い面があればOK

光を反射させて料理の手前を照らせば、さらに影がやわらかに。料理の色やツヤが、生き生きと浮き立ちます。

料理写真の撮り方

教室には、カフェのオーナーやプロの料理人も参加。メニューブックの写真撮影に役立てているといいます。

よい写真が撮れれば、もっとおいしい料理がつくりたくなる。コツを覚えて、もっと料理を楽しんでみます。

関連記事