寝苦しい夜も安眠できる「クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ」

寝苦しい夜も安眠できる「クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ」

だんだん夏らしい暑さになってきました。就寝中も冷房が欠かせませんが、できれば設定温度を高めにして冷えすぎを防ぎ、電気代も抑えたいところ。でも、そうすると暑がりの夫と息子から「暑くて眠れな〜い!」と苦情(?)が......。

とくに子どもって頭によく汗をかきますよね? 寝汗で枕がびっしょり!なんてこともあるくらい。寝付きも悪くなってしまうので「なんとかならないかなぁ」と夏が来るたびに思っていたんです。

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュクロッツ ひんやり枕 クールメッシュ

今回ご紹介するのは真夏の睡眠を快適にしてくれる「ひんやり枕 クールメッシュ」です。

簡単にいうと、冷凍庫で凍らせたジェル保冷剤をカバーの中に入れて使う便利グッズです。

「普通の保冷剤をタオルで巻いて使えばいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。じつは私も以前、息子があまりに寝汗をかくのでその方法を試みたことがあるのですが「ジェルがかたい」「冷えすぎる」「タオルからはみだして枕がぬれる」など不具合が多かったのです。

ひんやり枕なら、そういう問題がすべて解決できます。 まずは素材。頭を置く側はメッシュ仕様で結露しにくく、さらっとした快適さが保たれます。

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ

裏面はウエットスーツの素材として使われる「クロロプレンゴム」でつくられていて、それをブラックのナイロンジャージで被ってあります。

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ

ウエットスーツ専門のメーカーが素材にこだわって開発したというだけあって、かなりの断熱力。そのおかげで冷えすぎることはなく、ちょうどいいひんやり感が8〜10時間も持続するそうです。

この高性能カバーの中に、付属のジェル保冷剤をセットして使います。

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ

ジェル保冷剤は冷凍庫で約8時間以上、しっかり冷やしておくといいそうです。

この保冷剤にもちょっとした秘密があります。それは、凍結ジェル(白)と不凍ジェル(青)の2層構造になっていること。

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ

青い不凍ジェルのほうは、凍らせてもご覧の通りやわらかいので、こちらが頭にあたるメッシュ側にくるようにして本体カバーに入れます。

息子が「楽しみだね〜」と言いながらセットしてくれました。この向きが正解です↓

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ

さっそく「お昼寝」で試してみた息子は「ひんやりしてて気持ちいいよ〜」と喜んでいました。カバーは洗濯できるので衛生面でも安心ですね!

寝苦しい夜に快適な眠りが確保できるのはもちろんですが、熱っぽいとき、打撲などで冷却したいときなどにもおすすめです。

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ 商品詳細

  • 商品コード:cloz0012
  • メーカー:ヘルメット潜水

ジェル保冷剤の取り外しができる、カバータイプ

ウェットスーツ専門メーカーが素材にこだわって開発した、【クロッツ 夏用ひんやりシリーズ】から、"クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ"の登場です。

不凍ジェルと凍結ジェルの2層の保冷剤を、非常に断熱性に優れたウェットスーツ素材の3mm厚のクロロプレンゴムと、ポリウレタンメッシュで包んだ、ひんやりジェル枕です。

表面がメッシュなので結露もしにくく、快適な使い心地です。カバーも取り外せて手洗いできるから、お手入れ簡単・いつも清潔。ひんやりした爽快感が長時間持続し、クーラーいらずで安眠できます。 暑い夏の寝苦しい夜に安眠できる、力強い味方です!

  • 保冷剤はラミネートパックされております。袋に切り口がついておりますが、開封せずにそのままお使い下さい。

商品特徴

  • 中身の保冷剤を本体から取り出して、冷凍庫で冷やして下さい。(8時間以上)
  • その後、本体カバーにセットしてご使用下さい。
  • 身体に当てる表面側に、やわらかい不凍ジェル(青)の面がくるようにセットして下さい。
  • 洗濯時は、ジェル保冷剤を取り外してください。

使用方法・注意事項

  • 身体の冷やしたい部分に当ててお使い下さい。
  • 断熱効果が高い素材ですが、長時間お肌の同じ部分に当て続けると、凍傷になる恐れがありますので、ご注意下さい。
  • お使いの際は、タオルなどを敷いてお使い下さい。結露しにくい素材ですが、使用する際の気温・湿度状況により、多少結露する場合があります。結露した場合は、乾いた布で拭き取って下さい。そのままにしておくと、寝具などを濡らす場合があります。
  • 鋭利なものや突起物がある物などを身につけて使用したり、製品を刺したりしないで下さい。
  • 万一、表面が硬くなったり、ヒビや劣化が見られたり、中身のジェルがもれたりした場合は、ご使用を中止して下さい。
  • ジェル保冷剤の中身のジェルは、食べられません。
  • 火のそば・高温になる所には、置かないで下さい。
  • 汚れは、水または薄めた洗剤水で、手洗いで洗って下さい。
  • 使い始めは、生地のクロロプレンゴム特有の匂いがする事がありますが、使っているうちに徐々にやわらいでいきます。においに敏感な方は、ご使用をお控え下さい。
  • 万一、肌に異常が生じた場合は、ご使用をお控え下さい。
  • 濡れたまま放置しますと、カビが発生する恐れがありますので、ご注意下さい。
  • 処分するときは、各地方自治体の条例に従って下さい。
2020.08.03 17:53
住い・生活美容・健康いいものみっけ

Related entry

Pickup entry