コクヨ しゅくだいやる気ペン~センサー内蔵のIoT文具で子どものやる気を引き出す

コクヨ しゅくだいやる気ペン~センサー内蔵のIoT文具で子どものやる気を引き出す

どうしたら、机に向かってくれるのかしら......?小学生の子どもをもつお父さんお母さんの一番の悩みといえば、これに尽きるのではないでしょうか。

遊びたい盛りの子どもたちにとって、おとなしく机に向かって宿題を片付けるのは、ただでさえなかなか難しいこと。さらに今年は、新型コロナウイルス感染防止のための休校が続き、家庭学習を余儀なくされる状況に。

そんななか、まもなく迎える夏休み。この機会に、宿題をこなすだけではなく自ら机に向かう習慣をつけたいところ。そこで、子どもたちのやる気を育むアイテムをご紹介しましょう。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

コクヨ しゅくだいやる気ペン

それが「コクヨ しゅくだいやる気ペン」。センサーが内蔵されたIoT文具で、普段から使っている鉛筆に取りつけるだけ。専用のスマートフォン専用アプリと連動して、勉強への取り組みを「やる気パワー」として見える化してくれるのです。

このおかげでわが家では宿題をめぐる親子の攻防が激減。外遊びが大好きで机に向かうのが大の苦手だった小学生女子が、自分から進んで宿題をやるように。

親にとっては、子どもの頑張りが目に見えるので、具体的にタイミングを逃さず褒めることができます。親の嬉しい気持ちが子どもに伝わると、子どもも嬉しい。明日も頑張ろうという気持ちが生まれるのでしょう。親と子にいい循環が生まれたような気がします。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

用意するのは、いつもの鉛筆と「コクヨ しゅくだいやる気ペン」。パッケージには使い方のガイドと充電コードが入っています。あとはスマートフォンにアプリをインストールすれば準備OKです。

使い方は簡単。本体にいつもの鉛筆をセットするだけ。あとはスマートフォンにインストールしたアプリとペアリングすれば、いつでもスタートできます。

まずは、ひらがなの練習から。鉛筆で文字を書いている間、本体の端にある「やる気ランプ」が点滅。文字を書いている時間の経過とともに色が変化していきます。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

「やる気ランプ」の色は、0=白から1=うすみどり、2=みどり、3=きいろと段階的に変化。やる気Maxの10でみずいろに。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

「やる気ランプ」の色が変化したところで、アプリの「やる気パワーをそそぐ」をタップ。ペンを近づけると、やる気パワーがキャラクターの頭に注がれ、芽吹いた「やる気の木」が成長。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

コクヨ しゅくだいやる気ペン

やる気パワーの量によってアイテムをゲット。少なければ、やる気の芽がしおれて「5分以上書いてみよう」のメッセージが。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

次々にアイテムをゲットしていくと、すごろく状の「やる気の庭」が完成。ゲーム感覚で、学習に取り組む週間を身につけられるというわけです。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

同時に「やる気のキロク」に宿題をやった日を記録。アイコンをタップすると勉強タイムとやる気タイムが表示されます。勉強タイムが15分でやる気タイムが12分だとしたら、3分間はペンが動いていなかった時間。内容を確認して「確認マークをつける」をタップすると花丸マークが表示されます。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

さらに「やる気グラフ」では、勉強タイムとやる気タイムをグラフ化。どのくらい集中して学習に取りかかれたかが、一目でわかるのです。

コクヨ しゅくだいやる気ペン

親と子で一緒にやる気を育てる「しゅくだいやる気ペン」。夏休みを機に、取り入れてみませんか?

2020.07.16 17:08
知育・子供デジ活・便利ツール

Related entry

Pickup entry