とろとろおいしい「がごめ昆布」で美と健康をサポート

とろとろおいしい「がごめ昆布」で美と健康をサポート

低カロリーでミネラルを豊富に含み、ダイエットや健康維持に役立つ昆布ですが、そのなかでも「がごめ昆布」の持つパワーが注目されていることをご存じでしょうか。

がごめ昆布は、函館市周辺で採れる希少価値の高い昆布です。表面がデコボコで"籠の目"のような模様があることからがごめ昆布と呼ばれるようになったと言われています。

今回は、この昆布の産地である函館市尾札部町で昆布製品を製造販売する「昆布村」の能戸圭恵社長に、がごめ昆布の魅力やおすすめレシピについてお聞きしました。

がごめ昆布の特徴と成分~美容と健康の維持に役立つスーパーフード

がごめ昆布の特徴はとろみの強さ、いわゆる"ネバネバ食材"です。このとろみの主成分は、水溶性粘性多糖類または水溶性食物繊維「フコイダン」「アルギン酸」「ラミナラン」で、なかでもフコイダンの含有率はほかの昆布の2倍以上。

これらの成分は、がんや高血圧、動脈硬化、生活習慣病などの予防に適していると言われており、美容と健康の維持に役立つスーパーフードとして話題になっています。

「がごめ昆布のとろとろ成分には、肌の水分蒸発を防ぐ作用もあります。当社ではがごめ昆布お風呂パックも作っており、これを入れるとお湯がやわらかくなり、体がよく温まって肌のうるおいが持続します。食べるだけでなく、お風呂に浸かって全身でがごめ昆布の栄養を味わえます」

がごめ昆布を使ったおすすめレシピ

ではここから、がごめ昆布を使った能戸さんおすすめのレシピをご紹介していきます。最初のレシピでは、柔らかくてしっとり&とろとろの口どけが特徴の「がごめ昆布とろろ」を使います。

「お味噌汁やそば、うどんなどに入れるだけでおいしく食べられますし、ダイエット中のおやつとして持ち歩くのもいいと思います」

こちらは「とろろ昆布入り巣ごもりチーズトースト」。たまごとチーズにたっぷりの野菜、そしてとろろ昆布が入って栄養満点の一品です。

「とろろ昆布のうま味が効いているので、味付けは少量のマヨネーズで十分。栄養バランスも整ったトーストです。具材を乗せてトースターで焼くだけなので、忙しい朝におすすめです」

続いては、ふのり、ダルス、わかめ、がごめ昆布、真昆布の5種類の海藻が入った「100%北海道産 海藻サラダミックス」を使います。水で約10分戻すだけで手軽に料理に使えます。

これを使ったメニューが「海藻サラダとなめこのねばねば丼」。ネバネバ好きにはたまらない一品です。海藻の歯ごたえで食べ応えもあるので、ダイエット時のお腹を満たすお昼のメニューにもぴったりです。

「がごめ昆布、納豆、なめこ、3種類のネバネバがまろやかなたまごを包み、海藻の風味豊かな新しいどんぶりです。海藻サラダミックスはたまごと合うので、半熟の目玉焼きと合わせて、当社の『がごめ昆布ポン酢』をちょっと垂らして食べるのもおすすめです」

続いては、みんなが喜ぶご飯のおかず「キャベツ、チーズ、がごめ昆布とろろの豚肉巻き」です。昆布は苦手というお子さまも、きっとおいしく食べてくれるはずです。

「豚バラ肉のうま味とカリカリ食感、キャベツの甘み、とろ~りチーズ、そしてとろとろのとろろ昆布のうま味もしっかり感じられ、絶妙なおいしさです」

最後は、お子さまのおやつやお酒のおつまみにぴったりの「納豆とがごめ昆布とろろの落とし焼き」です。納豆やえのきが入ってヘルシーな仕上がりになっているところもうれしい一品です。

「溶けるチーズがカリカリに焼けて香ばしく、とろろ昆布のうま味も効いていて、お箸が進む一品です」

がごめ昆布きざみ

「がごめ昆布とろろ」以外に、「がごめ昆布きざみ」も水で約10分戻すだけで便利に使えます。ポン酢をサッとかければもずく酢のような感じで食べられるので、毎日の食卓に一品プラスするのもいいでしょう。

「がごめ昆布とろろ」以外に、「がごめ昆布きざみ」も水で約10分戻すだけで便利に使えます。ポン酢をサッとかければもずく酢のような感じで食べられるので、毎日の食卓に一品プラスするのもいいでしょう。

「がごめ昆布きざみやとろろ昆布を、お味噌汁やサラダ、煮物などにサッと入れて、具のひとつとして食べていただきたいですね。料理の際に入れ忘れても、食べるときにひとつまみ入れると料理とすぐになじんで食べやすいので、瓶などに入れて常備しておくのもおすすめです。毎日少しずつ食べることで、継続して健康に役立ててもらえたらうれしいです」

まれにみるほど豊富に健康成分が含まれており、美容と健康をサポートする商品などさまざまな用途での活用が進んでいるがごめ昆布。毎日の食卓においしく取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事
桷志田の食べる黒酢~これ1本でおいしさUP
ハーブやスパイスと合わせると、おいしい塩ができます。
2020.03.12 20:06
美容・健康食物・飲物

Related entry

Pickup entry