手作りパン屋さん「コーナーポケット」の山梨の桃パンと八ヶ岳ブレッド

手作りパン屋さん「コーナーポケット」の山梨の桃パンと八ヶ岳ブレッド

朝食やおやつにサクッと用意できて、きちんとおいしいパンを常備しておきたい! 今回ご紹介するのはそんなあなたにおすすめの、そのままでおいしい&アレンジしてもおいしい、しかも冷凍で長期保存しやすい「桃パン・メープルパン」のセットです。

販売しているのは山梨・八ヶ岳の麓にある手づくりパン屋さん「コーナーポケット」。美しい水や空気を閉じ込めた、自然の恵みたっぷりの優しい味わいです。

山梨の桃パン

まずは、桃の生産量日本一を誇る山梨県ならではの「山梨の桃パン」からご紹介。

山梨県産の桃をペーストしてたっぷりと生地に練り込み、じっくり焼き上げてあるそうです。カットすると"桃感"が見た目にも伝わってきて、桃好きにはたまらない逸品。好みの厚さに切ってからいただきます。

焼かずにそのまま食べてもふんわりやわらかいおいしさが楽しめますし、もちろんトーストして香ばしく味わうのもおすすめです。

桃パンは「チーズにも合いそう!」と思い、試してみました。まずフライパンで両面をカリッと焼くと、焼いていると桃の香りがふわっと漂ってきて、なんとも言えない幸せな気持ちになりました。

クリームチーズでも合いますが、少し塩気の強いブルーチーズとも好相性。

わが家ではイタリアのゴルゴンゾーラ・ドルチェ(ドルチェは、ピカンテより塩気やクセが控えめです)と、ドライフルーツ、ナッツを添えてみました。

ゴルゴンゾーラを桃パンにぬり、好みでドライマンゴーやレーズンをのせてパクリッと。

チーズとフルーツって、よく合いますよね。なので、桃の香りもこの組みあわせにとてもいい感じ。ワインにも合うので、前菜として楽しむのもよさそうです。

八ヶ岳ブレッド

続いて、メープルシロップを生地に練り込んだしっとり感が特徴の「八ヶ岳ブレッド」。飽きないおいしさで、20年以上愛され続ける人気商品です。

袋から出した瞬間、メープルのいい香りが漂います。

桃パン同様、このまま食べてもよし、トーストしてバターやホイップクリームを塗ってもよし。メープルの香りが際立つシンプルな味わいで、食べ方のバリエーションが広がりそうなのがうれしいですね。

バターとメープルの香りがよく合うので、こちらはフレンチトーストにしてみました。

卵1個+牛乳100ccで、約1.5cm厚さのメープルパン3〜4枚はいけます。パン自体に甘味があるので、砂糖はやや少なめでもよいかもしれません。お好みでどうぞ。

バターをたっぷり溶かしたフライパンに、卵液にひたしておいたメープルパンを入れ、ほどよい焼き色がつくまでしっかり焼き付けます。

お皿に盛り付けて、サラダでもちょちょっと添えると、これはもう完璧な朝ごはん!

このままでももちろんおいしいですが、仕上げにメープルシロップをかけると、この上ない贅沢感! パン自体がおいしいので、本当においしいフレンチトーストがつくれますよ。

賞味期限は「製造日から10日」が目安!冷凍すれば長期保存もOK

桃パン・メープルパンの賞味期限は「製造日から10日」が目安。ボリュームのあるサイズですし、2本一緒の贅沢セットなので、期限内に食べきれないご家庭もありそうですよね。

でも、大丈夫。冷凍すれば長期保存ができます!

おすすめの方法は、好みの厚さにスライスしてから1枚1枚をラップにくるみ、その上でフリーザーバッグに入れること。こうしておくとしっとり感が長持ちします。

解凍するときは、食べる前日にでも冷蔵庫に移しておき、普通にトーストすればOKです。いつでも冷凍庫においしいパンがあるというのは、うれしいものですよね。

子どもも喜ぶ優しいおいしさが特徴の「山梨の桃パン」と「八ヶ岳ブレッド」。ぜひお試しください。

2020.03.03 20:51
食物・飲物いいものみっけ

Related entry

Pickup entry