寒さ・乾燥はウィルスの温床!結露対策もバッチリの「加湿法」でインフルエンザ対策

寒さ・乾燥はウィルスの温床!結露対策もバッチリの「加湿法」でインフルエンザ対策

温度と潤いをキープしつつ、インフルエンザも防ぐには?

寒さが厳しさを増し、空気も乾燥する季節。インフルエンザの発症も増えてきます。インフルエンザウイルスは、気温や湿度が低いほど活発になることをご存知ですか?

つまり、この季節の室内は、ある程度の温度と湿度を保ったほうが快適なうえ、風邪やインフルエンザの予防にもなるというわけです。

しかし一方で、湿度を上げすぎると今度は結露が起こり、カビやダニの弊害も…。理想的な温度・湿度と、結露を防ぐ方法についてご紹介します。

エアコンは20度に設定、湿度は高めにキープ

ご家庭のエアコンは何度にしていますか?冬季の設定温度は20度程度がよいとされています

外気との差が激しいと体温調整に支障が出ますし、電気代の面からも適温を保つのが賢明です。

インフルエンザのウイルスは高温多湿のほうが蔓延しにくいのですが、快適さと電気代を考慮すれば、室温をむやみに高くするのではなく、加湿を心がけることがポイントといえます。

たとえば室温が21~24度で湿度が20%だとウイルス生存率は60%になりますが、同じ室温でも湿度が50%あればほとんど死滅するそうです。

エアコン設定20度で暖かさをキープするコツ

  • フィルターは、2週間に一度は掃除する
  • 室外機の吹出口の周りに物を置かない
  • 日中は室内に日光を取り入れ、夜は厚手のカーテンを閉めて熱が逃げるのを防ぐ
  • 暖かい空気は上にたまるので暖房時の風は下向きにして温度ムラをなくす
  • 電気ストーブや電気カーペットを併用する。暖房器具は空気の冷えている場所(窓のそばなど)に置くとよい

冬の室内を快適に「加湿」するポイント

人間にとって快適な湿度は40~60%です。40%を下回ると肌やノドが乾燥し、60%を越えると今度は結露やカビの原因に。まずは部屋に湿度計を置き、適切な湿度を保ちましょう。

加湿には洗濯物を部屋干しするなどの方法もありますが、やはり加湿器がおすすめです。いくつかのタイプがあり、人気が高いのはハイブリッド式。使用頻度や室内の広さ、値段などを考慮してふさわしいものを選びましょう。

加湿器は、空気清浄機やエアコンと違い、スイッチさえ入れればよいのではなく、給水をする必要があります。使い勝手やメンテナンスについても要チェックです!

加湿器の主な加湿方式

ヒータレスファン式(気化式)
水を含んだフィルターにファンで風を送って気化させる。送風のみなので消費電力は少なく、吹き出し口も熱くならないが、パワーが弱く急速な加湿にも向かない。加湿フィルターの交換が必要。
スチームファン式(加熱式)
ヒーターで水を加熱し、沸騰させて蒸気に変える。加湿のパワーが高く、水をいったん加熱するので衛生面にも優れている。吹き出し口が熱くなることと、こまめな掃除が必要な点に注意(フィルター搭載で掃除の手間を省いたものもあり)。消費電力は高め。
ハイブリッド式(加熱気化式)
湿度が低いときは加熱方式で加湿量を増やし、湿度が安定してきたら気化式で一定に保つという、加熱と気化を組み合わせたタイプ。機能とコストのバランスがよい加湿方式といえる。加湿フィルターの交換が必要。

室温が一気に下がると「結露」が起こる!対処法は?

空気が含有できる水分量は、気温の高低によって異なります。冷蔵庫からビールやジュースを出すと表面に水滴がつきますが、これは缶やグラスの周囲の空気が室温より低く、含みきれない水分が出てくるため。同様に、室温20度・湿度50%の状態から、明け方に室温が10度に下がると、含みきれない水分が結露となります。

結露はカビやダニを呼び、やがてアレルギーの原因にも…。適度な湿度を保ちつつ、結露を起こさないためには、室温をできるだけ一定に保つことです。

一晩中暖房を付けておくと電気代がかさむので、カーテンやブラインドをぴっちり閉めるなど、暖まった空気を逃がさない工夫をしましょう。

結露してしまったら…

換気扇をまわしたり窓を少し開けたりして、室内の空気を入れ替えましょう。

窓ガラスがくもった段階で換気をすれば、結露にまではいたりません

結露して窓ガラスや窓枠についてしまった水滴は、こまめに拭き取るようにしましょう。


今年もインフルエンザが流行しそうな兆しです。寒さ・乾燥を防ぎ、病気も防ぐ…そんな環境を保ちましょう。

2019.10.28 16:31
住い・生活美容・健康

Related entry

Pickup entry