財布にも体にも優しい効率的な暖房のコツ~家庭でのエアコンクリーニング方法も

財布にも体にも優しい効率的な暖房のコツ~家庭でのエアコンクリーニング方法も

夏の間フル稼働していたエアコンも、ようやく小休止。秋が深まってくると、今度は暖房で活躍してもらうことになりますから、今のうちにしっかりお手入れしておきましょう。

また、エアコンだけでなは暖房効率が悪くなりがちなので、床暖房やホットカーペットの準備も始めたいもの。効果的に暖めて冷え知らずの冬支度を整えてくださいね。

フィルターに付いたホコリを放っておくとカビの温床に!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを付けるとイヤな臭いがした、という経験はありませんか?

その原因は、稼働していた間にホコリやダニなどがフィルターに付き、それを栄養源にカビが繁殖したため。

使用中は内部にも風が通るので繁殖もしにくいようですが、しばらく使わずにいるとカビ・ダニの温床となり、その状態でONにすればそれらを部屋にまき散らすことに・・・。

これではいくら空気が暖まっても、快適な空間とはいえません。

フィルターが汚れていると暖房効率も落ちるので、電気代もムダになってしまいます。

稼働期間は掃除機で吸い取り、年に数回は念入りにクリーニング

エアコンを快適かつ効率的に使うには掃除が不可欠です。まず、稼働期間は掃除機で1~2週間に一度フィルター掃除。掃除機のブラシ付きノズルを使うか、歯ブラシなどでブラッシングしながら吸い取るとよいでしょう。そして、エアコンを使わなくなる春先や秋口には、以下の要領で入念なクリーニングを。また、家庭で行う掃除だけでは内部のファンにたまった汚れが取りきれない場合が多いので、定期的に専門業者に依頼するのも一案です。

家庭でのエアコンクリーニング方法

  1. 安全のためコンセントを抜きます。
    フィルターを外し、全体を水洗い。落ちにくい汚れは住宅用洗剤を吹きつけてブラシでこすってみて。
    • エアコンが台所の近くにある場合や喫煙者のいる家庭では、フィルターに油汚れやヤニが付着しているため、水洗いだけでは落ちません。住宅用洗剤を吹き付けた後、10分ほど放置して汚れを浮かせてから、ブラシで優しくこすり洗いを。
  2. 流水で洗剤をよく洗い流し、さっと乾拭きしてから、十分に陰干しします。
  3. エアコン本体の外装パネルは、住宅用洗剤を付けた雑巾で拭き取り、水拭きで仕上げます。
    フィルター奥のホコリは、掃除機にノズルブラシを付けて吸い取ります。
  4. 1~2時間「送風」で運転して内部を乾燥させ、完全に乾いたフィルターを取り付ければ完了。

冬にエアコンを使わない家庭は、コンセントを抜いてカバーをかけておきましょう。

水洗いできないフィルターもあるので、取扱説明書をご確認の上で行ってください。

室温設定は28度程度にし、服装の工夫や床暖房の併用で暖かく

肌寒い程度の日ならエアコンだけで十分に暖が取れますが、暖めすぎは電気代のムダ。温度は低め(28度程度)に設定し、肩掛けや上着を羽織るなどの工夫をしましょう。

寒さが本格化すると、エアコンだけで部屋全体を暖めるのは難しくなり、コストも増してしまいます。

そこでおすすめなのが、床暖房やホットカーペットで足もとを暖かくすること。

それに加えて手や首、脇の下など体のポイントを暖かく保てば、部屋の空気全体を暖めなくても、ぽかぽかと快適に過ごせるものです。

  • エアコンを使わないときはコンセントを抜いて待機電力を節約。

インテリア、半身浴、温かい飲み物でさらにホットに!

部屋を暖かく保つにはインテリアにも一工夫を。

たとえば青や緑など寒色系の部屋は、実際の室温以上にクールな印象を与えます。

もちろん心理的なものですが、赤い色の部屋にいる人と青い部屋にいる人とでは心拍数や体感温度に差が出るというデータもあるそうですから、秋から冬は赤やオレンジなど暖色系のインテリアに変えてみるのもよさそうです。

また、半身浴やホットな飲み物などで体の芯から温めていけば、快適な状態が長く続きますね。

頭寒足熱の代表選手、こたつもおすすめ。リビングテーブルとしても使えるモダンなデザインのこたつも増えています。

暖房器具に頼るだけでなく、型掛けや膝掛け、靴下、湯たんぽなども利用して、体を冷やさない工夫をしましょう。

関連記事
秋にふさわしいインテリアカラーコーディネート
暖房費はまだまだ減らせる!体が芯から温まる飲み物、湯たんぽの活用など
2019.10.23 20:11
お得・節約住い・生活

Related entry

Pickup entry