電気代を節約して、おいしく冷蔵するコツ

電気代を節約して、おいしく冷蔵するコツ

冷蔵庫は24時間365日つけっぱなしということもあり、かなり電気代のかさむ家電です。とくに夏場は活用頻度が高くなるというご家庭がおおいのではないでしょうか。

そこで今回は、冷蔵庫を効率的に利用するポイントをご紹介。環境のこと、家計のことを考えて、無駄なく上手に使いこなしましょう。

適所に置いていますか?まずは設置場所の見直しを

直射日光の当たる場所や、ガスコンロなど熱器具の近くに冷蔵庫を置いていませんか?

周辺温度が高いと庫内の温度も上昇し、余計なエネルギーを消費してしまうので、設置の環境は要チェックです。

また、周囲の壁・天井との間に十分な隙間がないと放熱が妨げられ、やはり電気のムダに。必要なスペースは種類によっても異なりますので、説明書を確認してみましょう。

冷蔵庫の移動は面倒かもしれませんが、長い目で見ればお得になるはず。この機会にぜひ見直してみてください。

  • 地震などに備えて、転倒防止の処置もお忘れなく!

開ける頻度・時間を減らせば大きな節約につながります

ドアの開閉が多いと冷気が逃げて電気代のムダになります。用もないのについ冷蔵庫を開けてしまう…という方は要注意!とくに室温の高い夏場は、数秒開けるだけで庫内の空気はすぐ上昇し、元に戻すのに激しく電力を消費することになります。ドアの開閉はすばやく、かつ回数を減らすことが節約のカギなのです。何がどこにあるかを常に把握し、頻繁に使うものは手前に置くなど、庫内の整頓を怠らないことも大切です。

保冷カーテンで冷気を逃さない!

庫内に透明のビニールカーテンを取り付ければ、ドアを開けても冷気が逃げにくく、電気代節約の強い味方に。

保冷だけでなく、マイナスイオンで脱臭・抗菌効果を発揮する商品なども出ています。ホームセンター、スーパー、100円ショップなどで、ふさわしいものを探してみましょう。

詰め込み過ぎは冷却の妨げ。定期的に中身をチェック

冷蔵庫の中では、冷たい空気を循環させることで食品を冷やしています。物を詰め込みすぎると冷気の流れが妨げられて冷却力が低下し、電気代がかさむことに。

熱いものを入れると庫内の温度も上昇します。調理した食品や麦茶などは冷ましてから。

また、物が多いと何がどこに入っているのかわからなくなり、開けっ放しの時間も長くなります。定期的に庫内を点検・清掃し、全容積の半分くらい(多くても70%程度)を維持しましょう。

常温保存が可能な食品を外に出したり、入れ方を工夫したりすれば、意外にすっきり片付くのでは?

調味料はすべて要冷蔵?

たいていの調味料は、開栓前なら常温(直射日光を避けた冷暗所)で保存できます。開封後は、マヨネーズ、ケチャップ、ドレッシングなどは冷蔵庫のドアポケットへ。

醤油は基本的に常温ですが、冷暗所でないと変質するので、夏場は冷蔵庫のほうが無難です。

本みりんは冷えると砂糖が固まるため常温で。酢も常温でOKですが冷蔵のほうが長持ちするようです。

いずれにしても早く使い切るのが一番なので、消費量がさほど多くないご家庭は小ボトルを買うのも一案です。

パーシャルとチルドの違い!?多様化する冷蔵庫の機能

大型の冷蔵庫は機能も多様化しています。メーカーにもよりますが、一般の冷蔵は約3~6℃で、調理済み食品、飲料、卵、調味料の保存に適し、野菜室は約5~7℃で、野菜、果物、瓶詰めなどに向きます。

パーシャル(約-3℃付近)は食品を微凍結させ、チルド(約0℃)は凍る直前の状態でキープ。

パーシャルの保存性は冷凍より劣るものの、冷蔵やチルドよりは鮮度を保てる上、出してすぐにサクッと切れるので肉や魚の保存・解凍に適します。

チルドは冷蔵に比べて熟成や発酵が遅くなるので、生鮮・発酵・乳製品などを入れるとよいでしょう。

野菜は種類によって保存法が異なります。

たとえばかぼちゃは丸ごとなら冷暗所OKですが、カットしたら種の部分を取り除いてラップに包み、野菜室へ入れましょう。

電力を消費する冷蔵庫だからこそ、工夫次第で大幅な節電に!機能や特徴を知って効率的かつおいしく保存しましょう。

関連記事
節子さんが伝授!賢い節約術
2019.10.20 14:16
お得・節約住い・生活

Related video:節約術

Related entry

Pickup entry