• ホーム
  • 住い・生活
  • インテリアにしっくりなじむ加湿器「±0 プラスマイナスゼロ Humidifier」

インテリアにしっくりなじむ加湿器「±0 プラスマイナスゼロ Humidifier」

インテリアにしっくりなじむ加湿器「±0 プラスマイナスゼロ Humidifier」

エアコンを付けた室内の空気って、すごく乾燥していますよね。湿度が低いと風邪などのウイルスが増えるし、お肌もカサカサに・・・。風邪予防にも美肌のためにも欠かせないのが、加湿器です。

インテリアとしてもしっくりなじむ、陶器のような加湿器「±0 プラスマイナスゼロ Humidifier」を紹介します。

スチームファン式、ヒータレスファン式、ハイブリッド式などいろいろありますが、私は±0(プラスマイナスゼロ)のHumidifier。陶器のような質感を持った、美しい加湿器です。加湿器って目立つ場所に置くことが多くて存在感もあるので、デザインはとても大事だと思うんです。

「±0 プラスマイナスゼロ Humidifier」は、なんといってもデザイン性の高さがポイント!

湿度のある場所だと花の持ちもいいので、隣に花を置いていますが花と相性のいい加湿器ってすばらしいですよね〜。直接床に置いてもいいし、テーブルやカウンターに置いても素敵。

うちはホワイトですが、グリーンやレッド、ブラウンなどもあります。

タンク上部に、付属の小さなオイルポットをセットすると自分の好きなアロマオイルを楽しむこともできます。ノドにいいユーカリを入れたり、さわやかな柑橘系にしてみたり。

最近はロタンティック社のアロマティックエッセンスがお気に入り。エッセンシャルオイル(精油)ではないので値段も手頃だし、ボトルデザインも素敵なので、いくつか常備しています。とくに好きなのはポア(ペア=洋なし)とブラックベリー。ほどよい湿度と好きな香りに包まれると、とてもいい気分ですよ。

加湿器に話を戻しましょう。

この加湿器の魅力はなんといってもデザインなので、メンテナンスの点ではやや面倒な部類に入るかも。とはいえ、慣れてしまえばなんということはありませんが。あと、コポコポと泉のわき出るような音を時々出します。この調子っぱずれの音も、なんだかまたいいのですけれど。

機能でいえば、ほかにスペックのいい加湿器はいろいろあります。インテリアとして、邪魔にならないものを選びたいという人には、迷わずおすすめできる商品といえるでしょうね。結婚祝いや新築祝いなど、ギフトに買っていく人も多いようです。

そうそう、この商品に限らず、加湿器って水道水をそのまま使うと石灰成分が白く付着しますよね?あれってなかなか取れません・・・。なので、一度浄水器を通した水を補給するのがおすすめです。

わが家では加湿器に直接、浄水装置をセットして水道水を入れます。写真に写っているステンレスの三角錐は、もともと自宅にあった浄水器に付いている装置なのですが、たまたまこの加湿器にぴったりだったので、こうして使っています。

浄水してもすべてのミネラル分を取り切れるわけではないので、定期的にクエン酸かクレンザーで落とすといいですね。給水や手入れでタンクを裏返す際は、繊細な表面を傷つけないよう、下にやわらかい布などを敷いておくといいと思います。

加湿器とはいえ、自分の好きなデザインを選び、愛着を持って大事に使ったほうが、長持ちする気がします。私もマメにお手入れをして、美しいまま長く使いたいです。みなさんも用途や好みに合った加湿器を見つけて、乾燥する季節を快適にお過ごしくださいね。

2019.09.23 20:33
住い・生活

Related video:加湿器

Related entry

Pickup entry