• ホーム
  • 住い・生活
  • haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケースでお気に入りのペンを持ち歩く楽しさ

haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケースでお気に入りのペンを持ち歩く楽しさ

haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケースでお気に入りのペンを持ち歩く楽しさ

パソコンや携帯電話が普及して文字を書く機会が減った、という人は多いかもしれません。パソコンは欠かせませんが、メモは絶対に手書きです。手で書いたほうが印象に残るし、ぱっと取り出せてさっとしまえる手帳+ペン、というのはやはり必須。

みなさんも、ちょっとしたメモを取ったり、何か考え事をする際の走り書きや覚え書きをしたりするには手書きのほうがいい!という人、多いのではないでしょうか。

ペンをそのまま持ち歩くと、鞄の中にまぎれてしまい「あれ?どこに行った?」と見つからないこともよくあります。そのままペンが行方不明になってしまったらもったいないし、せっかく持ち歩くのですから、気に入ったデザインのペンを気に入ったデザインのケースに入れて大切に扱いたいですよね。

今回、ネットで見つけたのが、こちら。東京・原宿にある輸入文具店「Freiheit(フライハイト)」が手がけるオリジナルのペンケース、haCoBeeです。個性的なバッグやシザー・ケースの分野で安定した人気を誇る革小物の専門ショップ「Aging(エイジング)」とのコラボレーションアイテムだそうです。

haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケース

haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケース

ロール式なので、くるくる丸めるとコンパクトですが、広げるとこの通り。ペン4本が余裕で収まるほか、広めのポケットには名刺がすっぽり入ります。名刺やショップカードなどを入れておく以外にも、小さなメモ帳や消しゴム、定規、付箋など、必要なものを自由に入れるとよいと思います。

haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケース

素材はオイルをたっぷり塗り込んだ、やわらかいヌメ革。内側には「Freiheit」と「Aging」のマークがそれぞれ型押しされています。ヌメ革は「使えば使うほど味が出る」素材なので、いつも持ち歩くペンケースとして最適。大切に使い続ければ風合いがまた変わるでしょうから、そういう変化も楽しみですね。

haCoBee(ハコビ―)本革ロールペンケース

名刺入れを入れた状態でくるくる巻くとこんな感じ。ペンだけの場合よりも少し「太め」になりますが、それでもやっぱりコンパクトです。やわらかい素材なので、使い方にも柔軟性があっていいです。

色は、写真のブラックのほか、ブラウンやレッドも。自分の好きな色を選び、好きなものを入れ大切に使い続けて、革の経年変化も楽しんでみる。そんなペンケースがひとつあると書く楽しみと、好きな道具を大切に使う喜びが同時に味わえて、とても重宝すると思います。

2019.09.02 22:37
住い・生活

Related entry

Pickup entry