• ホーム
  • スイーツ
  • 【TOPS/トップス】こだわりのチョコクリームを挟んだ、2種類のラングドシャは Yummy!

【TOPS/トップス】こだわりのチョコクリームを挟んだ、2種類のラングドシャは Yummy!

【TOPS/トップス】こだわりのチョコクリームを挟んだ、2種類のラングドシャは Yummy!

TOPS/トップスは過去に二度ケーキを取り寄せて、味へのこだわりを強く感じたお店でした。もともとカレー店として昔から好きだったトップス、焼き菓子まであるとは知らず、それもラングドシャとは...。

ラングドシャは中にチョコレートが挟んであるお菓子なので、もしかしたらここにもトップスこだわりのチョコレートがあるかもしれない!そんな期待を持ちつつ注文してみました。

商品名は「HITOTSUGI ヤミー」。HITOTSUGIは赤坂にオープンしたとき、その店があった通り「一ツ木通り」で、ヤミーとは調べてみると英語の「Yummy=美味しい」という意味で主に口語のようです。

ラングドシャ

パッケージを開けると、チョコレートクッキーとバタークッキーの2種類が、一つひとつ袋詰めで交互に入っていました。

箱のサイズは枚数によって2種類あって、今回はそれぞれ12枚ずつの24枚入り。チョコレートクッキーだけもありますが、せっかくなので両方楽しめるこちらをおすすめしたいです。

ラングドシャ

正方形のラングドシャです。ラングドシャって何語でどういう意味かご存知ですか?

これはフランス語で「Langue de chat」と書き、もともとは細長い形で焼いたクッキーがルーツですが、日本では形よりも、中にチョコレートを挟むのがラングドシャの定義になっているかもしれません。

日本でラングドシャのスタイルをしているお菓子と言えば、北海道土産の定番「白い恋人」や「ヨックモック」。この2つの名前を聞くだけでも、おなじみのお菓子ですよね。

ラングドシャ バタークッキー

ラングドシャ バタークッキー

袋から出して2つに割ってみました。まずはバタークッキーから。

ラングドシャは端が香ばしく焼けていて、中央が白く二色になっているのが特徴です。袋を開けたとたん、香ばしいバターの香りが漂います。

一口食べてみると、サクッと歯ごたえがあって、口の中でだんだんとやわらかくなり、バターが溶け出すようにうまみが広がります。チョコクリームをトップスらしさを感じる味です。

ラングドシャ チョコレートクッキー

ラングドシャ チョコレートクッキー

続いてチョコレートクッキー。こちらは袋を開けたとたん、バター以上にチョコレートの香りが漂ってきます。チョコレートクッキーとチョコクリームの組み合わせなので、バタークッキーほど味がミックスしない?と思いましたが、相乗効果かチョコの味がしっかり伝わってきました。

どちらが好みかは完全に分かれそうですが「ラングドシャ定番ではない味わい」でいくと、チョコレートクッキーのほうが印象的かもしれません。チョコ×チョコの組み合わせは珍しいですし。

ラングドシャをアレンジ

さて、この2種類のラングドシャ、他の食べ方はないかな、と思いついたのがアイスクリーム!

さっそくバニラアイスにクッキー2枚をさしてみました。

アイスクリームのテイクアウトで、ウェハースがついてきたりしますよね、個人的にあの組み合わせが大好きで、それをヒントにしました。結果、抜群にヤミー!でした。

クッキーにサンドしてあるチョコクリームの主張・存在感は抜群で、アイスのおまけというより逆で、アイスがおまけに感じるくらい。

そのまま食べてもサクサク美味しいですが、24枚入りなので、こういう食べ方もぜひやってみていただきたいですね。

もちろんティータイムのお供には最高ですので、ぜひ一度お試しいただきたいラングドシャでした。

2019.06.26 22:53
スイーツ

Related entry

Pickup entry