MUNIO CANDELA(ムニオキャンデラ)のソイワックス・フレグランス

MUNIO CANDELA(ムニオキャンデラ)のソイワックス・フレグランス

ペット、タバコ、下駄箱、調理油などのちょっとした生活臭。なんとなく気にはなっていても、「毎日のことだから・・・」とそのままにしてしまいがち。でも、毎日のことだからこそ、室内をいい香りで満たしてみたいと思いませんか?

いい匂いがする。ただそれだけで、気分がよくなることもあるのです。

今回は、火や電気を使わなくても、ただ置いておくだけで心地よいハーブの香りがただよってくる、ナチュラルなアイテムをご紹介します。

ラトビアに暮らす2人の女性が生み出したオーガニックブランド、MUNIO CANDELA(ムニオキャンデラ)の「アロマ ソイワックス ラウンド」です。

ベースの白い部分は、大豆から採取したソイワックス。そこに、ラトビア郊外に自生する手摘みのハーブと、天然のエッセンシャルオイルが配合されています。

大きいのが4個と小さいのが6個入っているので「大きいのは玄関、小さいのはクローゼットに」など、使い分けるのもよさそうです。

種類はいくつかあり、こちらはアシュベリー&ビルベリー。赤いベリーが見た目にもかわいらしく、かすかに甘酸っぱさを含むさわやかな香りが楽しめます。

まるでお菓子のようなかわいらしいルックスなので、お皿に置いて飾るのもおすすめです。

火を灯して使う「ナチュラルソイワックスキャンドル」という商品もあり、こちらもまた非常にステキなので、「火を使える場所、使えない場所」で使い分けても。

MUNIO CANDELAのアイテムはかわいいだけではありません。ソイワックス製造の際に排出される脱穀は、肥料・飼料に再利用され、ボックスにもリサイクルペーパーが使われているそうです。エコを愛する人へのプレゼントにもおすすめです。

ブランド名のMUNIO CANDELAは、ラトビアの言葉で「私だけのキャンドル」という意味を持つといいます。その名の通り、ひとつひとつが完全なる手作りで、素材もすべてこだわって吟味されているのです。

シューズボックスやトイレ、リビングなど、好きな場所に置いて、ナチュラルな香りを楽しみましょう。

合わせて読んで
節電以上の価値がある!今日からわが家もキャンドルナイト
2019.06.17 09:07
住い・生活

Related entry

Pickup entry