お気に入りのブーツや革靴、美しく保つためのお手入れ方法

お気に入りのブーツや革靴、美しく保つためのお手入れ方法

ローファー、ブーツ、パンプスなど革靴は誰しも何足か持っているはず。特に秋冬はブーツをはじめ革靴の登場機会が増えることでしょう。

クリームを塗っておけば革に脂分が適度に補給され、表面に薄い保護膜もできますが、革靴は一度履いただけでも汚れたりキズが付いたりします。せっかく買ったお気に入りの靴を、少しでも長く美しい状態で履くためには、こまめなケアが欠かせません。

私のパンプスもご覧の通り、いつのまにか大きいキズが付いていました。それを靴墨でお手入れすると...

たった一度の靴磨きで、補修したかのようにキズが全く目立たなくなりました。「最近、革靴のケアをしてないなぁ」と思ったら、さっそくお手入れを始めましょう!

まず必要なのは、ケアグッズ。

今回おすすめしたいのは、靴クリームの国産メーカー、コロンブスの「Boot Black」シルバーライン。Boot Blackはイギリスの古い言葉で「靴磨きをする人」を意味するそうでコロンブスの最上級シューケアシリーズとして知られています。

そして、その中の「シルバーライン」は、より基礎的なシリーズとして発売されたものなので、初心者にもおすすめのラインナップ。デザインも素敵なので、お手入れするのがうれしくなります。

アイテムは、シューポリッシュ、シュークリーム、レザーローション、ウォータープルーフスプレーなどいろいろあり、靴の性質や目的に応じていろいろ揃えたいところですが、ケアの基本は栄養補給+補色効果なので、とりあえずは「シュークリーム」だけでも十分です。

クリームの色は、ブラック、ブラウン、ホワイトなどはもちろん、マホガニー、ダークグレー、ネイビーブルーなど多彩。私は基本のブラックといろんな色に使えるニュートラル、ダークブラウンを愛用しています。

さて、先ほどの黒いパンプスでケア手順をご紹介しましょう。まず、靴表面の汚れはブラシなどで落としておきます。

小さめのブラシでクリームを適量取ります。

キズのあるところはたっぷり、全体は少しずつクリームを付けます。Boot Black シルバーラインのクリームはとてもやわらかく、表面に伸ばすのも簡単。さらっとした仕上がりで軽やかに手入れできます。

ここでポイント!

その後、布で磨くのでもよいですが、それだと手が汚れるので、大きいブラシでまんべんなくクリームを伸ばして、そのままそのブラシを何回も擦って磨きあげます。

仕上げに、布で余分なクリームを軽く拭き取ります。ブラシで磨く方法だと手が汚れずに、さらに革のデコボコした表面も満遍なく磨き上げられて、布で磨くよりもピカピカになるのです。

普段のケアはこれで十分。簡単なので時間もかかりません。履いた後に必ずこのケアをやっておけば、大切な靴をピカピカの状態で履き続けられます。

関連記事
コート、カバン、靴…正しいケアをしていますか?おしゃれの秋、革製品の手入れ方法
2019.06.13 19:50
住い・生活

Related entry

Pickup entry