• ホーム
  • 知育・子供
  • 片付けるのが楽しくなる!?リビングにも馴染む…子どもが使うかわいいおもちゃ箱

片付けるのが楽しくなる!?リビングにも馴染む…子どもが使うかわいいおもちゃ箱

片付けるのが楽しくなる!?リビングにも馴染む…子どもが使うかわいいおもちゃ箱

いつの間にか増えてしまう、子どものおもちゃ。必要なものだけを厳選して与えているつもりでも、成長と共に「できること」が増えればおもちゃの幅も広がるし、どうしても少しずつ増えていき、場所を取ってしまいます。

リビングにおもちゃが散らかっていると落ち着かないし、子どもにも「片付けると気持ちいいよね!」ということを、きちんと教えてあげたいなー、と思います。

というわけで、今回は「かわいいおもちゃ箱」。一見、おもちゃ箱には見えないような、部屋になじむ旅行鞄を子ども用に使うというアイデアです。

写真のような「旅行鞄」じゃなくても、もちろんOK。おもちゃが出しっぱなしにならず、インテリアの邪魔にならないモノならば、何でもよいのです。

わが家の場合、絵本はなるべく図書館で借りるようにし、手元に置きたい本だけを買って、本棚に収納しています。ソファの下にちょうど収まる幅の収納箱も探してきて、その中にも木製のレールと電車セットが一式入っています。

本棚にもソファ下にも入らない細々したものを、きちんと整理するために・・・と、探し出したのがこの鞄。

「子ども用」として売られている収納用品は、派手な絵が描いてあったり、装飾が過多だったりして、どうにもこうにもインテリアになじみません。

そこで、普段よく行く雑貨屋さんやインテリアショップで「おもちゃが収納できそうな大きさの鞄」を探しました。そして、息子が乗っかれるくらいのミニサイズで、開け閉めも彼自身ができる、この鞄を発見したのです。

大好きな車、キッチンツール、楽器、ビー玉、公園で拾った、どんぐりなどがここに収まっています。

「車はまとめて小さい箱に」「どんぐりは巾着袋に」「ビー玉とおはじきはお菓子の空き缶に」などなど、さらに細かく整理してしまうように教えれば「仲間同士を一緒に片付ける」ということも覚えてくれます。

子どもにしてみても「自分用のおもちゃ箱」が、きちんと用意してあるのはきっとうれしいこと。特にこの旅行鞄は、息子も一緒に買いに行って「今度からこれをおもちゃ箱にしようか!」と提案し、納得して選んだものなので、より愛着がわくようです。

「おもちゃ箱、素敵だね〜」「キレイに片付けられたね〜」と、しつこいくらいに褒めてやりながら(←これが大事)「遊ぶ」のと同じくらい「片付ける」ことも、楽しんでくれるようになったらいいな、と思っています。

「ちゃんと片付けなさい!」と子どもに言いながら、肝心のお部屋が散らかっていないように、自分自身も「掃除を徹底しようかな」と思うようになる・・・なんていう相乗効果も期待できるかもしれませんね!?

2019.06.13 09:33
知育・子供

Related entry

Pickup entry