すき焼きのつくり方~関西風vs関東風

すき焼きのつくり方~関西風vs関東風

夏場の肉料理のごちそうといえば「焼肉」や「BBQ」を想像しますが、今回は、敢えて「すき焼き」を取り上げます。

何故、この季節にすき焼き?…たまたま、いいお肉をいただいたもので、すき焼きにすっか!と、季節感ゼロですが特に意味はございません。

一般的なすき焼きの材料は、薄切りの牛肉とネギ、焼き豆腐、しいたけ・えのきなどのキノコ類、シラタキ、春菊など。味付けは醤油と砂糖が基本ですが、地域によって作り方や調味料などに違いがあり、各家庭でもそれぞれのこだわりやポイントがあって、それがまたさらにすき焼きの面白さなのかもしれません。

わが家では、関西風と関東風のミックススタイル。牛肉はグツグツ煮込まず、食べる分だけを鍋に入れて自分の肉にほどよく火を入れて「育て」ています。

これは、どちらかというと関西風に近い感じ。肉以外の具材は、関東の「牛鍋」風に、しっかり煮込みます。ネギはクタクタに煮たほうがおいしいし、ほかの野菜やお豆腐も、煮込んで味を染みこませたいので。

割り下は、砂糖、醤油、酒で手づくりすることもあるし、市販の「すき焼きのタレ」を使うことも。途中、煮詰まって味が濃くなるので、差し湯を用意しておくのを忘れないようにしましょう。

わが家最大のおすすめポイントは、卵をお鍋の中に入れて、半熟状態にして食べること!卵は普通、各自の器の中に溶いて、煮えた具材をくぐらせながら食べますよね?これは関西発祥で、熱々の具材を適度な温度で食べられるように、というところからスタートしたといわれています。

この方法は関東にもなじんで一般化していますが、私は昔っから「溶き卵より、半熟卵が好き」なのです。卵を煮込めば、卵そのものにも味が染みこんで、本当においしいです。卵の加熱具合はお好みで、みなさんもぜひ試してみてください。

すき焼きは、日本酒との相性も抜群です。キリリと冷やした大吟醸でもいいし、お燗を付けた山廃純米なんかも、すき焼きにぴったり。すき焼きといえばごはんのお供!という感じですが、日本酒のアテにちびちびやるのもなかなかいいものです。

そして、最後はうどんを投入!夕飯の〆にしてもいいし「肉だけでお腹がいっぱい!」なんていうときは、翌日のお昼ご飯にしても。翌日のすき焼きは、豆腐にも野菜にも味が染みこんで、これがまた何とも言えずおいしいんですよね。

さて、おいしいすき焼きに欠かせないのはなんといってもおいしい牛肉。

いつもスーパーで手軽に買える牛肉もいいけれど、高品質の和牛をインターネットなどで買ってみるのもおすすめです。

今回は、自然豊かな自家牧場で丁寧に飼育されているという、紀州の和牛を取り寄せてみました。いつどこで生まれ、何を食べて育った牛なのかが明らかにされ、生産者の顔もわかる高品質の和牛ですが、直売のため、さほど高くないのも魅力です。

2019.06.12 18:27
食物・飲物

Related entry

Pickup entry