日本に居ながら、ブラジルの雰囲気を楽しむ方法

日本に居ながら、ブラジルの雰囲気を楽しむ方法

海外旅行に行きたい!...と、ふと思っちゃうことありませんか?いつもの料理とは違う新しい味に出会ったり、異国情緒の中で忙しい日常を忘れたりできる、そんな時間を過ごしたいなー、と。

でも、思い立ってすぐに海外へ、というのは実際にはなかなか難しいですよね。そこで!今回は、日本に居ながらにして「異国」を感じてきました。

訪れたのは、神奈川県横浜市の鶴見というところ。W杯の開催地として脚光を浴びた、ブラジルの雑貨店や料理店が点在するエリアです。

日本で「リトルブラジル」「ブラジル人街」といえば群馬県の大泉町、愛知県豊田市、三重県鈴鹿市など各地にいくつかありますが、鶴見もそのひとつ。

まずは「パライゾ・ブラジル」というお店へ。小さな店内に冷凍のお肉や缶詰、お菓子、ジュース、日用品など、ブラジルのものがにぎやかに並び、本当に外国へ来たかのよう。食堂も併設されているので、ここで腹ごしらえをすることに。

ボリューミーなブラジル風ビーフシチュー。濃いめの味付けは、まさしく本場の味わい。厨房を切り盛りするブラジル人女性が「足りるかしら?」とにこやかに話しかけてくれましたが、十分すぎる量!付け合わせのフェジョアーダ(豆の煮込み)もおいしかったです。

こちらはこの店の名物料理、ブラジル風ハンバーガー。これがまた、ものすごいボリュームです。トマトにレタスは見慣れた感じですが、お肉がすごい!牛肉、鶏肉、そしてカラブレサというブラジルのソーセージ、さらにチーズ。付け合わせの揚げたてポテトも相当な量。

これだけ大量に挟んであると全体のバランスはどうかな?とも思いましたが、さすがお肉の国(?)。お肉を満喫したい人にはとくにおすすめしたい、なかなか美味なハンバーガーでしたよ。

パライゾ・ブラジルの食堂は「軽食屋」とのことなので「これが軽食とは...ブラジルの人は、やっぱりたくさん食べるんだな!」と実感しました。

続いて「TUCANO(トゥッカーノ)」という雑貨店へ。雑居ビルの中にある小さな店ですが、ブラジルをはじめとする外国の食材や雑貨が所狭しと並んでいます。

お菓子もいろいろあり、私たちが訪れたときは、ちょうどブラジル人らしき男の子が、うれしそうにお菓子を選んでいました。

インターネットでの販売もしているようなので、ブラジルソーセージなど試してみてください。塩味がけっこう効いていて、夏のBBQにもおすすめです!

最初にご紹介したパライゾ・ブラジルのように「雑貨+食堂」という形態のお店は珍しいかもしれませんが「異国」を感じたい人にとっては、その国の料理が味わえるレストランへ足を運ぶだけでも十分ではないかと思います。

きっと内装やBGMにも「その国らしさ」が出ていますし、店員さんがその国の人であれば、その人たちとの会話を楽しむだけでも異国の雰囲気が味わえます。

もしくは、TUCANOのようにネット販売も行っている食材店で、その国の「味」を見つけてみるのもおすすめ。

今回、TUCANOで冷凍のソーセージとハーブ塩、お菓子数種と、写真のお酒「カシャーサ」を購入しました。

カシャーサ(ピンガとも)はブラジル原産の蒸留酒。サトウキビを原料とし、ラム酒に近い味わいです。

カシャーサのおいしい飲み方といえば、ぶつ切りのライムと砂糖小さじ2〜3杯、たっぷりの氷で味わう「カイピリーニャ」というカクテルです。

このカクテル、モヒートに続いて流行の兆しを見せています。さわやかなライムと甘めの味が暑い夏にぴったりなので、ぜひ試してみてください。

2019.06.11 14:21
娯楽・観光

Related entry

Pickup entry