美容院の費用の抑え方~クーポン活用やカットモデルなど支出を減らす具体的なコツ


良太、髪の毛伸びたね。そろそろ散髪しようか。


またパパが切るの?


もちろん。わが家では、良太の髪はパパが切って、パパの髪はママが切るって決まっているでしょ。


友達は床屋さんで切っているんだって。僕も行ってみたい!


興味があるなら行ってみてもいいけど、行くとしても1000円カットのお店にしようよ。床屋さんだと3000円はかかるでしょ。1年に10回行ったら3万円、パパと2人だと6万円!その分、おいしいもの食べたり旅行したりしたほうがいいと思わない?


パパはずっと良太の髪を切っているから腕も上達しているはずだぞ。今の髪型に不満はないんだろ?


うん、たまに失敗しているけど、すぐ伸びるからいい。パパならタダだもんね。僕、その分、遊園地に行くほうがいいや。


道具は揃える必要があるけど、その費用を含めても、自宅カットのほうが節約になるよね。


ママもかなり腕前が上がったよなぁ。最初は失敗もして、会社で冷やかされたけど……。


ははは、そうだったわね。プロみたいにはいかないけれど、慣れれば髪のクセもわかってくるし、多少失敗したってすぐ伸びるんだから。私は切るのも染めるのも自分。


本当は私もセルフカットしたいけど、前髪はともかく、後ろの髪を自分で切るのって難しいよね。


でも美容院にも頻繁には行っていないでしょう?


前髪は自分で切るし、暑い時期は結んでしまえばいいからね。


美容院もクーポンとかあるの?


ネットやフリーペーパーのクーポンを使うと何%か割引になる店が多いのよ。でも元の値段がそんなに安くない場合もあるし、慣れないお店に行くとかえって手間のかかる髪型になっちゃうこともあるから、ママは行きつけを決めて、そこのポイントカードを利用する派。

  • 無料のカットモデルもおすすめ。新米美容師の練習用なので仕上がりが心配という人は、なるべく無難なスタイルをお願いし、かつ「最終的にはベテランの方に手直ししてもらえますよね?」と確認しておくとよいでしょう。


行きつけのほうがやっぱり安心?


私が節約家なのを理解してくれているから、いろいろお願いしやすいの。なるべく長持ちさせたいとか、朝は何も付けなくてもまとまるようにしたいとか、何でも相談できるし、髪が傷まないケアの方法も教えてもらえる。


クーポン利用で初めての店に行くより、腕が確かで気心の知れた人に頼むほうが満足できるし、結果的にお得ってわけだね。


私としては、そう思うな。

髪型と手入れで美容院の回数を減らす!

節約のためには自宅カットが一番ですが、女性にはなかなか難しいもの。そこで、美容院に行く頻度を減らすため、長持ちする髪型を考えましょう。たとえばベリーショートは楽ですが、放っておくと見栄えが悪いので美容院に行く頻度は高くなりそう。パーマも落ちかけるとだらしなく見えるし、パーマ液の種類やかけ方によっては髪が傷んでしまいます。ただし、ゆるいパーマなら逆に扱いやすくなるという人もいるはず。 ロングヘアは結べば楽ですが、シャンプー代やドライヤーの電気代がかかります。どんな髪型が扱いやすいかは髪質や好みにもよるので、美容師さんに相談しながら決めましょう。また、乾かすときやカラー後のメンテナンスなどを正しく行って、髪を傷ませないことも重要です。健康な髪はまとまりやすいので、結果的に美容院代の節約につながるのです。


さっそく始めるか。良太、ここに座って。


ちょっと待って!準備してから座らせないとすぐに飽きてしまうんだから。まず床に古新聞を敷いて、椅子をその上に置いて、あとは道具一式を取ってくるね。


じゃぁ、良太も用意しよう。タオルを首に巻いて、その上からクロスケープな。


なんでタオルとケープと2枚も巻くの?


切った髪が首に付くとチクチクして、良太が「もうイヤだ!」って逃げちゃうからよ。今日はおとなしく座っていてね。


はーい。


うちのバリカン、だいぶ使い慣れてはきたけど、今はもっと使いやすいのが出ているんじゃない? アタッチメントを変えて、仕上げをナチュラルにできたりするらしいよ。


ユキちゃんがもう少し大きくなったら、そういうのがあると便利かもね。女の子は男の子以上に髪型にうるさいから。今度、電気屋さんに見に行ってみようか。ちょうどポイントが貯まっているの。

自宅ヘアカットに必要なアイテム

はさみ
工作用でも切れますが、切れ味が悪いと髪が傷む上、引っかかって痛いので子どもが嫌がります。長く使うのなら100円ショップより、ホームセンターなどで切れ味のいいはさみを買ったほうがお得。
スキばさみ
自宅カットで一番多い失敗は、やけに揃ったザンギリの切り口。スキばさみで適度に髪をそぐことで切り口もぼけるので、多少の不揃いなら目立ちにくくなります。
電動バリカン
ショートヘアの襟足やスポーツ刈りなど、とくに男の子のヘアカットに活躍。刃先を当てるだけで切れるのでスピーディにカットできます。反面、つい切りすぎてしまいがちなので慎重に。
クロスケープ
切った髪が服に付かないように羽織るマントのようなもの。首元にすき間があると毛が入ってしまってチクチクするので、さらにタオルを巻いておくと安心です。

そのほか、手にフィットするくし(コーム)や、髪の毛を留めておくためのクリップ、髪を濡らす水スプレーなどもあると便利です。


できた! 合わせ鏡で後ろも見てみるか?


うん。


どう? すっきりしたねー。


右と左が揃っていない気がするけどー。でも、いいよ、もう遊びに行きたい!


はは、よっし、髪の毛を新聞の上でよくはらってからな。首は?チクチクしない?


大丈夫。公園に行ってきまーす!


行ってらっしゃい。パパもついでも切っちゃおうか?けっこう伸びたでしょう。


そうだね、お願いするよ。子どもの場合はとにかく手早くやらないと飽きてしまうけど、大人の場合は注意点ってあるのかな?


慎重に少しずつ切ることかな。すぐ伸びるとはいっても、失敗すると「やっぱりプロに頼まないとダメだ」と思ってしまうから。あと、「しょせん素人だから」と割り切るのも大事。左右が多少不揃いでも、「こんなもんか」って思った方がいいと思う。


確かに、きっちり揃えようとがんばると結果的に切りすぎたりするよね。初期の失敗はまさにそんなだった……。


それに、慣れれば「ここはザックリ切ってもいいけど、仕上げは丁寧にしないと」なんていうコツもわかってきて、けっこう早く終わるよね。でも私、最初はカットのやり方をまとめた本を図書館で借りたりもしたのよ。


おー、さすがママ!


節約のためだもの、当然よ!パパももっと練習して、私の髪も切れるようになってくれたらいいのになー。

女性も前髪をセルフカット

女性の場合、前髪だけでもセルフカットできれば、美容院へ行く頻度は減らせます。

とはいえ前髪は目立つので、失敗するとショックも大きいもの。横にザクッと切るのではなく、縦にはさみを入れる感じでちょこちょこ少しずつ切りましょう。

また、濡らした状態で切ると、乾いたときに「切りすぎた!」と後悔することになりかねないので、ドライカットのほうが安心。前かがみにならず、普通に正面を向いた状態で、鏡を見ながら切るとよいでしょう。

節子さんが伝授!賢い節約術

  1. 基本料金の見直しから、待機電力のカット・・・発想の転換で電気を使わない方法
  2. エコドライブのすすめと、無料イベントなどを活用した激安で楽しむ日帰りレジャー
  3. ムダなくムリなく食品の美味しさを封じ込めるとっておきの冷蔵庫活用術
  4. 夏休みの家族旅行を「安く」「おトクに」楽しむ方法
  5. 植物の活用、体を冷やす食材など、夏の暑さを乗り切る秘策
  6. 太陽光はいくら使ってもタダ!簡単・おいしい「干し野菜」の作り方
  7. 「タンスのこやし」はこうしてなくせ!着なくなった服を「復活」させるアイデア
  8. 暖房費はまだまだ減らせる!体が芯から温まる飲み物、湯たんぽの活用など
  9. 洋風の常備食や、おせち料理のリメイククッキングをご紹介
  10. 長い目で考えて無駄の出ない買い物の仕方
  11. お金をかけずに美肌をめざせ!化粧品の節約ワザ
  12. 医療費節約の最大のポイントは病気を防ぐこと!家庭でできる医療費節約術
  13. 花瓶に活けた花を少しでも長持ちさせるための工夫~節約しながら切り花を長く楽しむコツ
  14. 安い・手早い・おいしい弁当~冷凍食品を活かす方法や前夜の残り物・余ったご飯の活用方法
  15. 洗濯代を安くし清潔度もアップ!梅雨時期の洗濯はこうして乗り切れ!
  16. 安いのにおいしい!栄養たっぷり定番食材を使うアイデア
  17. 今日はエアコンを付けない日…涼しく暮らすためのアイデア
  18. 無計画な買い物はムダだらけ!食費を抑える具体的なアイデア
  19. 美容院の費用の抑え方~クーポン活用やカットモデルなど支出を減らす具体的なコツ
  20. 少しずつでも気がつけば貯まる、小銭貯金のすすめ
  21. 安いお肉をやわらかくする裏技や豚の背脂を賢く活用する方法
  22. 時間も電気代も節約できる効率的な電子レンジの使い方
  23. ながら運動~歯磨きしながら掃除するなど同時にこなせる家事や美容法(脚痩せの効果も)
  24. ホットケーキミックスなど、お得な「粉もの」活用術
  25. 節約家にとって見逃せない「電気代節約+長く使える」長所の多いLED照明
  26. 断捨離(だんしゃり)の考え方と不要なものを売って臨時収入を得る方法
  27. 昔ながらの掃除方法、節電貯金など節電を楽しむ工夫
  28. 会社と自宅でできる「涼しい服装」クールビズで暮らす「夏服」の工夫
  29. 手間も道具も最小限、土を使わない水耕栽培で家庭菜園