• ホーム
  • 豪華で便利!人気おすすめ!おせち料理通販ベスト5【2023年】

豪華で便利!人気おすすめ!おせち料理通販ベスト5【2023年】

豪華で便利!人気おすすめ!おせち料理通販ベスト5【2023年】

年に一度、恒例のおせち通販の季節になりまし。来年のおせち料理はいかがなされますか。

おせちといえば、黒豆、田作り、数の子など、いくつかの定番がありますが、地域や家庭によって中身はさまざま。若い人が多ければ肉料理を増やしたり、健康に気を遣っている家族がいれば塩分やエネルギーを抑えたりと、伝統を踏まえながらも柔軟な食文化といえます。

普段は別々に暮らす家族や親戚がそろうお正月だからこそ、作り置きのおせちでみんな一斉に食卓を囲み、ゆっくり過ごしたいものですね。

おせちを一から作るには時間や手間がかかるため、手軽に美味しい豪華なおせち料理を楽しめるネット通販のおせちが流行っています

写真と実物が全然違う…スッカラカンの粗末な品が届いた…などの悪質なニュースもありましたが、おせちに限らずネット通販の利用は、有名店を利用するのが安心安全!数あるおせち料理通販から、おすすめできる人気のお店をご紹介いたします。

おせち料理通販おすすめベスト5

寿し屋が選んだこだわり食材【小僧寿し通販サイト】
小僧寿し通販サイト

老舗寿し屋の「小僧寿し」が厳選した全国の食材をお得に販売する通販サイト 『小僧寿しEC店』。豊富な品揃えを実現しており全国の名産品、こだわりの逸品、お買い得品などを用意しています。

料亭おせち【匠本舗】
料亭おせち【匠本舗】

通販サイト「匠本舗」の料亭おせち料理です。全国の料亭・名店に監修頂いた匠本舗オリジナルの料亭おせちは、販売実績240万個以上の実績があります。早期注文するほど安く買える『早割り』を実施しており、期日を過ぎると価格がアップしていくシステムになっています。

板前魂
板前魂
  • 板前魂 公式サイト

全国販売トップクラスのおせち料理専門店「板前魂」。おせちの種類は40種類以上の豊富な品揃え。全7回ある早割・セット割でさらにお得におせちを楽しむことができるのも嬉しいポイントです!

新春!特選おせち【みんなのお祝いグルメ】
お集まり食品みんなのお祝いグルメ

おせち料理や浜名湖産うなぎなど全国のホテル、料理店、専門メーカーと提携して企画開発をした“こだわりの美味しいもの”を取り揃えた直販サイト。『ハイアットリージェンシー東京』の和洋中おせちや『三陸海宝漬中村家』の海鮮おせちなど 全国の人気店の料理長が監修したおせちや、大型のお重が人気の自社ブランド『ふく吉』のおせちなどバラエティ豊かに用意されています。

食べごろを食卓にお届け【SL Creations】
SL Creations
  • SL Creations 公式サイト

冷蔵庫にストックしておき、食べたい時に加熱するだけの冷凍おせち料理。「安全」「簡単」「美味しい」3拍子揃った従来の冷凍食品のイメージを変える「出来栄え」と「美味しさ」にこだわったメニュー開発です。人気ホテルや日本料理店監修の冷凍おせち料理を多種類用意されています。

新年を迎え、来る年を祝う節句の料理「おせち」~めでたさを重ねる五段重と余った料理の活用方法

おせち料理

おせちは漢字で御節と書き「御節供(おせちく)」の略。節供とは神様が到来する「節」の日に供える料理のこと。中でも正月は新しい年神様を迎えるという、一年で最も重要な節目であるため、この節の料理が「おせち」として定着したといわれています。

もとは平安の宮中で催されたお供えの宴に由来しますが、庶民に広まる過程で、武家の祝い膳や新年を祝う料理などが混ざったようです。正月三が日に主婦を家事から解放するという意味もあり、保存性の高い食材が中心になったのでしょう。

  • 重箱に詰めて出す「祝い肴」「煮しめ」などのほか、おとそや雑煮もおせちの一種です。

おせちは「めでたさを重ねる」という願いを込めて重箱に詰めます。五段重ねが正式ですが、現代では二~三段の家庭も多いようです。

一、二、三の重と続いて、四段目は「与の重」といいますが、これは「四」が死を連想させる忌み数字であるため。

また、五の重は控えの重ともいわれ「現在が最高ではなく、今後さらに繁栄する余地があるように」という意味で空のまま用いられます。五の重を省略して四段重を正式とする場合も。

  • 豪華な蒔絵を施した現在のような重箱は豊臣秀吉の時代に作られ、少しずつ庶民に広まったとか。

五段重に詰める料理の基本例

<一の重>祝肴(三つ肴)
関東では黒豆、数の子、田作り、関西ではたたき牛蒡、数の子、黒豆など
<二の重>口取り、酢の物
口取りは栗きんとん、伊達巻、かまぼこ、昆布巻など。酢の物は紅白なますなど
<三の重>焼き物
ブリの照焼き、タイの焼き物、エビの焼き物、イカの松かさ焼き、厚焼き卵など
<与の重>煮物
れんこん、ごぼう、くわい、里芋などを使った煮しめ、筑前煮など
<五の重>控えの重
来年はさらに繁栄するように」との願いを込めて、何も詰めない
  • 各段に酢を使った料理(なます、梅肉和えなど)を入れておくと、酢の防腐効果が期待できます。

五段重

五段重の例を紹介しましたが、何を何段目に詰めるかは地域や家庭にもよるので自由に楽しみましょう。

たとえば蓋を取った瞬間「おいしそう」と思えるように一の重には彩りのいい料理を詰め、次は豪華な焼き物など、臨機応変に。

また、暖房のない部屋ならともかく、そうでない場合は冷蔵保存が必要な料理もあるでしょう。「冷蔵庫に入れる料理はひとつの重箱に」など、保存の観点で工夫するのも一案です。

煮物などは食べる分だけお重に詰め、残りは鍋や電子レンジで火を入れ直すと、保存性もおいしさもアップ!

おせちに飽きてきたら…余った料理の活用方法

新年におせちは欠かせませんが、そればかりでは飽きる人もいるでしょう。作りおきが基本なので、余ってしまうこともあるはず。そんなときは目先を変えて有効活用!いくつか例を挙げてみますので、新年の参考にしてみてください。

煮しめ
具を細かく刻んで卵と合わせ、オムレツや卵とじに。刻んで炊き込みご飯に。酢飯に混ぜてちらし寿司にしても
焼き物
エビやイカは刻んでワンタンの皮で巻き、カラリと揚げる。魚の焼き物は刻んでお好み焼きやチャーハンの具に
黒豆
マフィンやパン、スコーンなどお菓子に混ぜて。刻んで豆腐と混ぜ「がんもどき」のようにして揚げる
栗きんとん
ふかしたさつまいもやかぼちゃと混ぜて、パイや菓子パンに。細かくつぶしてアイスやパフェ、あんこ代わりに

まだまだ早いと思っていても、師走はあっという間に過ぎていきます。作る人も買う人も早めに準備し、のんびり新年を迎えましょう。